えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2008 031234567891011121314151617181920212223242526272829302008 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

りあるメイドさんww 

 全国のりあるメイドさん好き、ごめんなさい。

 SINはりあるメイドさんよりも二次メイドさんのほうが好きです。

 具体的に言うならFAの陽菜、桐葉GJな人間です。

 こんなネタを持ってくるのもアレですが、見たんですよメイドさん。


 いや、
 メイド喫茶に行ったわけでもないんですよщ(゚Д゚щ)


 バイトしてたら来たんですよ。
 お客さんでww

 しかも、三人でwww


 近くの大学、高校が文化祭なわけでもなく、近くで出かい催しものしてるわけでもなく、SINのバイト先が秋葉原や日本橋であることはもっと無いです。


 マジ、ビビった^^;
信じてもらえないかもしれないですけど、マジです。

 
 しかも、三人とも明らかに可愛い感じの娘でした。
 似合ってましたね~(変態サーセン)





 うん、やっぱり





 桐葉、陽菜のメイド姿の方が良かったな。うん。
 
 
スポンサーサイト

感想 レビュー: あかね色に染まる坂 

あかね色に染まる坂あかね色に染まる坂
(2007/07/27)
Windows

商品詳細を見る




結構叩かれたらしいですが、そんなに叩かれる作品だろうか?これ。



[作品への一言]
こんな湊がいたら僕はもう...!


[あらすじ]
私立アミティーエ学園に通う主人公、長瀬準一は妹、長瀬湊、友人、西野冬彦や幼馴染、霧生つかさたちと共に平凡な日常を過ごしていた。

そんなある日、バイクに乗った暴漢に襲われそうな少女を見かける。

準一はとっさの判断で、その少女を助けるためにキスをした。

おかげで暴漢からは逃れられるものの、少女には大層嫌われ頭突きを食らう破目に。


私は、貴方を、絶対に、死なす!


時は始業式の翌日。
準一のクラスに転校生が現れる。

なんと転校生は準一キスをした少女――
片桐優姫という片桐財閥のお嬢様だった。

そして、その夜準一は父からの電話の内容に驚愕することとなる。


目の前の二人には――

彼と彼女には――

これからのものがたり



[シナリオ、構成]
キャラ萌え+ギャグ(パロディ)が売りのゲームです。

パロディ満載の学園ラブコメでした。
これでも、前作よりは減ったとか言う声を聞きますね。一体、前作にどれほど盛り込まれていたのか。 



最近のエロゲのコメディ部分ってニコニコ動画からネタ仕入れすぎじゃないですか?


 
なごビーム、マジで茶吹いた。
あと、湊メモのところでも吹いた。


ギャグは面白く非常にテンポは良いため、かなり笑わせていただきました。


シリアス、泣きにあまり期待はできませんが感情描写が上手く、また個別ルートに入ってからも他キャラと助け合ったりする部分が多くて良かったです。


 
全24話程度(一部例外アリ)という話仕立てで構成されていて各話の始まりにOPが一回一回流れて、各話の終わりには次回予告がされるといったアニメのような形式でした。

ラブコメだったらこの構成も分かりやすくて良いかなーとか思ったのですが、各話のおわりに『この時はあんなことになるなんて思いもしなかった...』みたいな描写が多かったので、一部話が読めすぎて残念だったかなーと。


まぁ、あくまで萌とギャグ中心の作品なので言うほど気にはならなかったですが。



[ルート]
湊ルートが結構叩かれてたみたいですね。。。


プレイした感想としては、『叩かれるのもわからないでもないけど...別に、個人的に問題は無かった』と思っています。

兄妹ってだけでかなり不自然ですからね。
周りに認めさせて、色々問題も乗り越えなきゃいけませんし。

実妹ルートで具体的な結末が用意できただけスゴイと思うんですけどねー

実は血が繋がってない。なんて安易なオチには行かなかったし。

なぜか優姫が一番ヒロインぽかった湊ルート。
個人的には好きなんですけどねー湊ルート(´・ω・`)



[CG、演出]
まず、これだけは言いたい!




えちぃシーンのCG流用だけはやめて欲しかった!!




一回目と二回目のシーンで同じCG使われるのが一番気になりました。



あとはシステムが甘いのは気になりました。
ボイスがクリックで終了しないのはイラッときてしまう人なので、それが設定できないのは残念でしたね。



[音楽、ムービー]
OP:せつなさのグラデイション


Vo:橋本みゆき


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




ただ、今回はEDテーマ:あかね色に染まる坂の方が好きでした(ぇ



BGMに対する批判もパラパラとあるみたいでしたが、出来の悪いBGMだという風には思わなかったです。

ただ、感動場面で流すBGMはもっと練って欲しかった。
というか、OPのインストを流す時は文章or流す時間を長くしてほしかった。
せっかくクライマックスでイイ感じになって流れてきてるのに普通に読んだら前奏終了前に切れたとかが結構あったので。


 
[キャラ]
これは神『湊』ゲー!!


湊で萌えなかった方は妹属性、微塵もないですよ(多分


さて、キャッチコピーでドラマティックツンデレと銘打ってはいますが、一番のメインヒロイン優姫はツンデレ分が不足(十分可愛いんですが)、湊にいたってはツンデレではなくソフトクーデレ(いや、めっちゃ可愛いんですけど)

残り4人中3人(観月、つかさ、ミコト)はツンでも、ク―ルでもなく。。。


結局、不思議系ヒロイン、なごみが一番ツンデレだったんじゃないかと(ぁ


広告に偽り有ですね(ぇ



[総合感想]
うーん......良作!って感じです。


やってるときは非常に笑えましたし、かなり楽しめたのですが、一旦冷静になってからに粗を探してると突っ込みどころがそこそこ見つかったという感じ。


ただ、湊の破壊力が高すぎるのでそこだけでもプレイする価値はあるのかもしれません。



[シナリオライター]
サイトウケンジ さん


[原画]
和泉つばす さん
涼香 さん
なちゅらるとん さん
澤野明 さん


[ソフトハウス]
feng


 
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。