えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2009 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

第877回「ベスト・オブ・ミュージック2009!」らしいです 

いやいや、やっとアルバイト(接客)も仕事納め、5回もあった忘年会も何とか消化され、研究室の偉いさん方に年賀状も書いたし、大掃除は出来んかったけど片づけは終わったし、無事に年末を迎えることとなり、おっぱい揉みたい(頭が無事では無い

さて、年末ということで今年の初めにたてた目標ですが、

まずは1つ目
■院試合格■
こちらは今年の9月に達成済みですね。
来年の卒業も確定したので、来年の春には無事修士1回生です。
一応、最低限にして生活に関わってくる目標なんでホントよかったです。。。


■積みゲ、積み本消化■

これはイマイチですね。
積み本はなくなり、新しく買えてますが、積みゲの方は。。。
まぁ、1本しか新しくゲームを買わなかったので実質的には減ってます。うん。


■忙しいけどブログ閉鎖はしない■
しませんでした。
けど、あぶねぇ∑( ̄□ ̄;)


■ラジオと物書き■
ラジオはグダグダですが上げてます。
物書きは全然ですね_| ̄|○
ネタも考えてないです。。。


ということで、1年があっという間でした。
今まで、といってもたかだか22年ですが、生きてきた中で一番早い一年と感じてます。
リアルの方でも色々あって2カ月ほど全く更新なしだったりもしましたし、ホント最近は1年1年がお勉強です。
また、落ち着いたらそのへんも書いて、気持ちの整理とかもしたいですね。




さてさて、今年の締めくくりとして1つネタを

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。 今日のテーマは、「ベスト・オブ・ミュージック2009!」です。 2010年まであと数日…。皆さんにとって色んな事があった一年だったと思います。2000年が到来した時からもう10年も経つのかと思うと、時が経つのは本当に早いと思わざるを得ないですねそれでも音楽は、いくら時が経っても、皆さんの心に色あせず残り続けます!皆さんは、今年聞いた音楽で...
FC2 トラックバックテーマ:「ベスト・オブ・ミュージック2009!」




さてさて今年、私が聞いて最も心が震えあがった曲といえばこちら!!





BALD SKY Dive2 からKOTOKOさんで


『jihad』

BALD SKYは何故か敬遠してたんですが、OPだけ聴いて惚れた。
友人に勧められても頑なにやる気無い―って答えてたんですが、正直すまんかった。

っていうか昔、Dies iraeを勧められた時も最初やる気無かった気がします。
いつもそうなんですけど、どんなに他人に言われても、
自分で『やろう』と思ったことしか絶対にやらないんですよね。
変に頑固といいますか。。。


まぁ、そんなことはさておき歌詞の『言葉よりも記憶よりも この手が覚えてる』のとこはマジでいいなー
まだ、手に入れてもないですが、春休み終わるくらいまでにはBALD SKYとDies完全版はやりたいですね。




それでは、今年、訪れてくれはった皆様
相互リンクの皆様
勢いの落ちたこんなブログですが、毎度の訪問ありがとうございます。
昨年に引き続き多忙で放置が多いブログですが、閉鎖だけはしないよう
全力全開で頑張りたいので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

そして、来年も宜しくお願い致します。

えばーずらいん 管理人 SIN



スポンサーサイト

とりあえず、ほら、誰か年賀状書いて(殴 


気が付いたら1日が終わって……
<人生も終わってますjk




いや、まじで凄い。
後半2分どうゆうこと……なの……?


『世界名言大全』って本買ったから、悩みを言えば名言で対応
後半の格好よさは異常!


光浦靖子と長門って似すぎだろwwwwwww
いい加減止まれww


人体で明らかに設計ミスだと思われるところ
>26



理系の研究室でありがちなこと
気が付いたら実験以外の話題がない
気が付いたら深夜
気が付いたらクリスマスひと(ry


2009年3月おすすめスレ一覧
時間ない、時間ない言ってる割には全て読んだことがあった奇跡w


よくわからんけど、気付いたら研究室が明日で今年は終了です。

今年も色々あったし、ぼやききれんくらいいっぱいいっぱいいろんなことあったけど、ここで書くもんでもないし、全てが落ち着いたら書こうかな。

でも、ホント、二次元への興味が無くなって、楽しみとしてはゲームしたり、ラノベ読んだりしますけど、単純に(*´Д`)ハァハァすることは、ほぼゼロです。

人間、変るもんなんですね、最近、いつも言ってますけど。

このブログの方向性。
ホント、どうしましょ。

続けれんのかなー
続けたいけど。

とりあえず、明日の忘年会終わらしてきます。


飾る愛はもう意味をもたない… 



生活が不規則だと思っていたら、春の時と比べて 4 kg 減っていた(危険


どうも、体重が軽すぎて危険。
メタボに縁のない男、SINです。こんばんは。


いや、食う量は平均と比べてかなり多いんですよ!!
すき家の牛丼キング(並盛の約4倍)を食べた後にカレーキング(並カレーの4倍)を友人と半分こして食べたり、気が付いたら一日5食ぐらい食べてたり、とにかく食べるんですけどね。

かと言って、野菜とかもちゃんと摂ってるから、バランスも変では無いんですけど。。。

忙しいけど、そんなに体力使うんですかね?
一日二回のセルフバーニングは(死ね


そんなわけで、体調管理の為に酒とバーニングは控えてます。




ごめん、後ろの嘘



さてさて

は面白かったとして、ホントにネタないなぁ。
最近、特にゲームしないからなぁ。


感想 レビュー:リバーズ・エンド 

リバーズ・エンド (電撃文庫)リバーズ・エンド (電撃文庫)
(2001/12)
橋本 紡

商品詳細を見る


[あらすじ]
拓己は十四歳の中学生。

そんな彼の携帯に突然メールが送られてくる。


『あなたの町に海はありますか―?』


拓己は戸惑うが、やがてメールの送り主である唯という少女と、心を通わすようになる。
雪の降る夜、息が白くなる朝、騒々しい昼休み、何度も何度もふたりは『言葉』を交わしつづける。
なにもかも不確かな世界の中で、ただ互いの『言葉』だけがリアルだった。

ひとときの優しさ、ぬくもり、そして―。彼らは気づいていなかった。
その時、なにかが始まろうとしていたことに。











以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
画像などを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。










[総合感想]
雰囲気は柔らかく、それでいて究極に切ない。
橋本さんらしいテキストは昔から一級品だったわけですね。

日常シーンも崩れそうな感じがプンプンしててそれが良い感じでした。

テキストは一文一文が短く、若干描写説明不足な感もありましたが、シリーズものの1巻なので雰囲気作りの為にしてるだけなのかどうなのかはわからないです。。。
それは、読んでみてからのお楽しみということで。

強い感動とかは感じなかったんですけど、作品自体の雰囲気。
何度も書きますが、柔らかいけど究極に切ない。これが、良かったです!!


感想 レビュー:Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft- 

Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-
(2009/07/24)
Windows

商品詳細を見る


[ソフトハウス]



[シナリオライター]
正田崇

[絵師]
Gユウスケ

[管理人から作品へ]
怒りの日―――

それは2年前のあの日なのか
それとも悦びに震える今なのか

どちらにせよ、あの時の怒りなどどうでもよくなってしまった。

というくらい面白かったです!!

[あらすじ]
二次世界大戦終結を間近に控えた1945年5月1日、ドイツ。
陥落寸前となった首都ベルリンに『聖槍十三騎士団』と呼ばれる者たちがいた。

彼らにとっては自国の敗退など取るに足らぬことであり、むしろ戦火の犠牲となった夥しき数の民衆を謎の儀式の触媒として生贄にしていたのである。戦争終結後彼らの存在は歴史の闇に隠れ、その行方を知るものは誰もいない。

その61年後、西暦2006年日本。

『諏訪原市』に暮らすごく普通の学生『藤井蓮』は親友の『遊佐司狼』と、どうしたことか殴り合いの決闘を起こし、満身創痍により2ヶ月もの入院生活を強いられていた。

半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた。
失ったものは戻らない。

ならせめて、今この手にあるものを大切に……と。


だが、それすらも崩れ去る。


夜毎見る断頭台の夢。
人の首を狩る殺人犯。
それを追う黒衣の“騎士”たち。

常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく。
その異常は二ヶ月前の比ではなく、
今まで積み上げてきたすべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常。

変わらなければ、生きられない。
生き残らないと、戻れない。

加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える。

何も大層なことを望んでいるわけじゃない。
正義や大義を振りかざしたいわけでもない。
ただ、還りたいだけ。
つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に。




以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
CGなどを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。




[シナリオ]
まぁ、これだけ言っといてあれですが、2年前の未完成版はプレイしておりません(殴
ルートやCGが急に消えたとか、ライター複数でテキストに違和感あるとか言われてたんでスルーしたんですわ。

今回もどうなる事かと心配したんですが、そんな不安は見事吹き飛び、私や私の周りでも神ゲー認定が。

これが、2年前に叩かれたゲームとは思えない。
それが正直な感想です。

流れはガチガチの伝奇モノ。
非日常に放り込まれた主人公が日常を取り戻すために必死こいて戦う中二病テイスト満開のシナリオです。



[総合感想]
今回、プレイにのめり込み過ぎて正直メモとかなんも取れなかったので、ルート感想無しです。
スミマセン。。。

完全版出たらもう一回頭からやるので、詳しいことはそこで_| ̄|○

何度も言いますが2年前の怒りの日を起こしてしまったことが残念なくらい面白かったので、やって損はないですが、価格の割に全体ボリュームが少ない事が気になりました。

まぁ、あと少しすれば完全版出ますけどね(ぁ

シナリオとして一番気になったのは櫻井螢や男キャラの魅力が強すぎて、ヒロインが沈んでしまうというところですかね。それだけ熱いゲームだったわけですが、各ルートっていう意識があまり持てなかったのが残念でした。伝奇だから仕方ないんでしょうけど。

でも、盛り上げ方は上手く、ツボにはまると大変なことになる熱さです。

とりあえず、完全版楽しみにしときます。


このクオリティが2年前にあれば……



感想 レビュー:波のうえの魔術師 

波のうえの魔術師 (文春文庫)波のうえの魔術師 (文春文庫)
(2003/09)
石田 衣良

商品詳細を見る


[あらすじ]
あの銀行を撃ち落とせ!!

謎の老投資家が選んだ復讐のパートナーはフリーターの“おれ”だった。
マーケットのAtoZを叩きこまれた青年と老人のコンビが挑むのは、
預金量第三位の大都市銀行。

知力の限りを尽くした「秋のディール」のゆくえは…。











以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
画像などを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。












[総合感想]
やべぇ、超おもしれぇ!
実は、あらすじとかなんもチェックせずに買ったんですけど、経済・株ネタとは。。。

確かに、高校社会科くらいの経済の知識と簡単な株の専門用語がいる場面がありますね。私は携帯で辞書を引きつつ読みましたが、最初から知識があればもっとのめり込んで読めたんじゃないかと若干後悔しています(´・ω・`)

ただ、軽快なリズムで物語が進み、読みやすい。
多分、経済がどうとかというより、経済に引き込まれた主人公の心の動きに焦点を当ててるからなんでしょうかね。

扱う対象に対しては曖昧でイメージを大事にしてる感じがありますね。
株式?相場?なにそれおいしいの??っていう私でしたが、強く引き付けられ、とっつきやすい物語でした。

一番楽しめたのは展開の大胆さ。
手軽に読んでいた分、話の急展開は面白く、ラストは楽しめました。

体は剣で出来ている皆様へ 

記事の為の理念を鑑定する。
時の流れを想定する。
構成された文字を複製する。
新着に及ぶ投稿技術を模倣する。
書き込みに至る経験に共感する。
蓄積されたコメントを再現する。
あらゆる工程を凌駕し尽くし、


―――ここに幻想を結び、更新と為す。








すまん、更新する気無かったわ(てへっ



いやー、休止宣言をしたどの休止よりも長い休みを頂きました。。。
忙しかったの半分、リアルの方に興味が移ったの半分で、もしかしたら『このままブログ消すんちゃうかなー?』とか思ってましたが、残しといてよかった。。。
こういう風に、ウダウダ一人語り垂れ流す場所は必要ですね。

ただ、2次元に以前ほどの興味が無い状態でPCゲームランキングに居てもいいのかという疑問だけはあります。



そういうモチベーションなんて、中学の時から今までで年単位で変わるってのは自分で理解してるので、相も変わらず好き放題にやらせてもらいましょうかね。。。




さて、とうとうクリスマスまであと二週間です。





クリスマスと言えば!!







“Dies irae~Acta est Fabula~応援中!



彼女?なにそれ??おいs(嗚咽



しかし、今年は忘年会が都合、5回も組まれてる上に、妹にクリスマスプレゼントを渡さないかんという義務のため新品では買えんのかなー?とか思ってます。

5回も忘年会しないと忘れられないほどつらい思い出は今年はなかった気もしますが(ぇ


さてさて、久しぶりの休みなので格ゲでもしに行こうかね。ノシ




感想 レビュー:LAST 

LAST (ラスト) (講談社文庫)LAST (ラスト) (講談社文庫)
(2005/08/12)
石田 衣良

商品詳細を見る



[あらすじ]


ぼくたちは誰もが、「今」という時代を生きている―――
リアルで凶暴な世界に、ぎりぎりまで追い詰められた者たちが、最後に反撃する一瞬の閃光を描く。

『欲望というのはシールのように、対象にべたりと貼られてしまうものだ。
その対象は自分では選べない。
そして、最悪なことに、こいつの接着剤は強力で一度貼ると二度とはがれない。
自分がほんとうに好きなものをただ愛し、欲望を抱くだけで、
世界中から犯罪者として扱われるのがどんな気もちか、きみには想像もできないだろう?』


                            ―――とあるロリコンの叫び
                            ―――ラストシュート















以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
画像などを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。














[総合感想]


ビバ!奈良原(犯罪

買ってみて初めて短編集だと分かった謎使用(アホ



借金、風俗、裏稼業……日本人で関わりのありそうなダークなネタを盛り込み
ギリギリをという形容詞が登場人物にも読者にも襲いかかる一冊!

残念なのは短編集であっさり終わった感・続きます感が出てしまってること。

それでも楽しめました。
暗いけどワクワクできるお勧めの一冊だと思ってます!!



感想 レビュー:うつくしい子ども 

うつくしい子ども (文春文庫)うつくしい子ども (文春文庫)
(2001/12)
石田 衣良

商品詳細を見る


[あらすじ]
豊かなニュータウンを騒然とさせた九歳の少女の殺人事件
 
犯人として補導されたのは、ぼくの十三歳のだった!!

崩壊する家族、
変質する地域社会、
沈黙を守る学校…。

殺人者のこころの深部と真実を求めて、十四歳の兄は調査を始める。















以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
画像などを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。












[総合感想]
なんだろうね、帯で犯人バラしといてなおも読ませる力があるのは…
そこは単純に高評価です。

ただ、中学生を中心に据えた物語にしては、主人公が強すぎる気がしてそこに違和感を感じてしまった。
そこを気持ちが良いと割り切れば結構楽しめるんじゃないかと思います。

全体で感じた印象は軽さ・薄さ。
扱った題材の割に迫ってくる重さみたいなんがなくて、ラストもあっさりしすぎた感がありました。

石田さんの作品はこの軽さが売りな作品も多いらしいんで、
ここをどう評価するかで好き嫌いが変わってくるんじゃないでしょうか?


感想 レビュー:スローグッドバイ 

スローグッドバイ (集英社文庫)スローグッドバイ (集英社文庫)
(2005/05/20)
石田 衣良

商品詳細を見る


[あらすじ]
「涙を流さなくちゃ、はじまらないことだってあるんだよ」
                      ―――泣かない

「今年の夏は思いだすだけで汗ばむほど、暑くて激しかったからね」
                      ―――十五分

「こたえがどちらでも、ぼくの気もちは変わらないんだから」
                      ―――You look good to me

「これからなにかを始めるための、ぼくたちの初めてのサヨナラだった」
                      ―――フリフリ

「つぎでリカコを指名するのは最後にする」
                      ―――真珠のコップ

「安全ネットも夢のキャッチャーも必要なくなった」
                      ―――夢のキャッチャー

「わたしと『ローマの休日』をしませんか?」
                      ―――ローマンホリデイ

「この夏は立派な処女よ」
                      ―――ハートレス

「サツキさんは変わってるから」
                      ―――線の喜び

「7時間もかけて誰かにさよならを言ったのは初めてだよ」
                      ―――スローグッドバイ










以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
画像などを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。














[総合感想]

あとがきにある本書の読み方


1.できれば空腹時を避けて、毎晩ベッドに持ち込む。
2.眠る前にひと粒か、ふた粒ずつゆっくりと服用する。
3.ウィークデイの五日間で読み終えたら、週末は元気にデートに出かける。




では、彼女がいない状態で一日で読み切った場合どうなるか



『くそおおぉぉぉおおぉぉ(泣』




優しく軽い感じの恋愛小説。
題材に多少重いものがあってもすらっと読めます。
疲れた時に読んで優しい気持ちになるのには最適!!


ただし、リア充に限(ry

PSPから更新中 

とりあえず更新ー

携帯よりもやりにくいですね

ずっと休んでましたが気が向いてきたのでまたやってみようかと。

更新する気がなくても、消さずにおいとけばまたやる気になったりするもんなんですね。

もちっと落ち着いたら、いいなあー

― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。