えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

【感想】 機動戦士ガンダム 00 (5) 

機動戦士ガンダム00 5 [DVD]機動戦士ガンダム00 5 [DVD]
(2008/05/23)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る


[あらすじ]
■#15 折れた翼
とうとう3つの陣営による大規模な対ガンダムの鹵獲作戦が展開される。合同演習の名を語ったガンダムを呼び込むその作戦に、罠とわかりつつ武力介入を行うソレスタルビーイング。長時間にわたる絶え間ない攻撃に、マイスターたちは疲弊していく。デュナメスとキュリオスは、人革連MS部隊の猛撃に膝をつき、エクシアとヴァーチェもまた、AEU の包囲網に捕獲される。


■#16 トリニティ
ソレスタルビーイングの動向を見つめ、全員の意思が統一されたときのみ、その行動の拒否権のみを司る者、監視者。彼らが一堂に会する場所で、アレハンドロ・コーナーはこれまでのソレスタルビーイングの介入行動について振り返る。


■#17 スローネ強襲
これまで知らされていなかった新しいガンダムマイスターと、スローネという機体の出現に困惑するプトレマイオスのクルーたち。初顔合わせとなった会談で、その言動と立ち振る舞いに、刹那たちは眉をひそめる。会談を終え、プトレマイオスを立ち去った彼らは、次なるミッションを受け、スローネで MSWAD の基地に強襲をかける。


■#18 悪意の矛先
トリニティ兄弟のやり方に、疑問を抱く刹那。しかしスローネの出現は、3陣営のそれぞれの代表者たちに、ソレスタルビーイングに対抗する手段と戦力とが潰えたと考えを改めさせるのだった。世界情勢がソレスタルビーイングの理念に傾きつつある中、王留美はトリニティ兄弟の動向とその存在について確認するため、アレハンドロとコンタクトを取る。




以下、内容に触れています。



[感想]
どれ程の性能差であろうと…!
今日の私は…阿修羅すら凌駕する存在だ!



今回の 4 話分でかなり物語が動きましたね。


敵か味方か。これまでは、世界には判別のつかない絶妙かつ不安定な位置づけの CB を中心とした流れでしたが、ここにきて絶対的な悪役(の印象を与える)トリニティ 3 兄弟(3 機のガンダムスローネ)を投入。


さて、彼らの行動の残虐さはマイスター達をして、以下のように言わしめるほど。
「アレルヤじゃないが、世界の悪意が聞こえるようだぜ…」(ロックオン)
「あれが、ガンダムのすることなのか…!」(刹那)


トリニティ 3 兄弟の武力介入のため、これまで被害を受けなかったような民間人も戦火に晒されていく。


そして、世界は『ガンダム』に対して憎しみを抱くようになる。


そんな中、刹那はガンダムではなく、己の中に正義を見つけ始め、スローネに単身戦いを挑む。


間違いなく悪化するであろう世界と CB の関係はどのように終結していくのか。


敵味方や善悪というものを曖昧にしてきたこれまでの 00 の良さでもあり悪さでもあった流れを断ち切り、一気に主人公サイド(刹那たち)に感情移入させる今回の一連の展開が、今後どうなっていくかが楽しみですね。


疑問点は以下の 3 点。

CB に関連する監視者とは?
レイフ・エイフマン教授の掴んだ CB、ガンダムの真相とは?
トリニティ 3 兄弟の後ろにいる人物とは?


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。