えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

2013/06/23 レビュー後夜祭 


本当に凄まじいポエムだった。

これはあれだ、夜中に徹夜して書いたラブレターを翌朝読み返したような感覚だ。
(書いたことないけど)




最近は可能性という言葉がマイブームでして、『人の善意の可能性』という言葉をレビュー内で使いたかっただけなんですけど、あながち間違いでもないように感想書けたのが自分でも驚きというところです(と思っている)。

ちなみに、あれから少し加筆しました。




私は、作品に点数をつけるのは、不可能な作業だと思っており、やりたくない作業でもあります。

ただ、あえて点数をつけた場合、コンチェルトノートはそれほど高得点ではありません(やや高め程度)。

それでも、この作品には、今の私が大切にしたいものが。
今の私の理想があった。
ということです。



みあそら、コンチェ、シンセミア。
いずれも絆がテーマですが、何かが少しずつ違うようなそんな気が。

みあそらは―――

まぁ、いいや。
自分の中だけでモヤモヤさせておこう。



さて、3 作品は本当に好きになりました。
あっぷりけを好きになりました。
和奏を、銀子を、アルを、莉都を(長くなるので省略)


桐月さん、アンタ、本当にうっとおしいファンが増えたぜ。


レビューという概念があんまり出てこない人です(^_^;;;

>何かが少しずつ違うようなそんな気が
同じテーマでもキャラとか設定かわると違う見方ができるってことですよええ(笑)

>本当にうっとおしいファンが
私がファンになれる時代は来るのだろうか(殴)
[ 2013/06/24 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。