えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

【感想】 Fate/Apocrypha vol. 1 -外典:聖杯大戦- 

Fate/ApocryphaFate/Apocrypha
(2012)
TYPE-MOON BOOKS

商品詳細を見る


[著者]
東出祐一郎


[イラストレーター]
近衛乙嗣


[ひとこと]
英霊数 2 倍
マスター数 2 倍
尋常ならざる、純粋なワクワク感



[あらすじ]
第三次聖杯戦争の折に冬木の地から失われた大聖杯「第七百二十六号聖杯」がルーマニアで発見されたことから物語は始まる。

大聖杯を奪い、隠匿していたユグドミレニア家はその聖杯をシンボルに掲げ、魔術協会からの離反を宣言する。

それを討伐すべく派遣された魔術協会の部隊はユグドミレニアのサーヴァントに壊滅させられてしまうが、最後の生き残りが大聖杯の予備システムの起動に成功。

これにより本来の7騎に加えて更に7騎、計14騎ものサーヴァントを召喚することが可能になった。

ユグドミレニアの7騎のサーヴァントに対抗すべく、魔術協会側の魔術師もまたサーヴァントを召喚する。

こうして、大聖杯を奪ったユグドミレニア家の魔術師たちである「黒」の陣営と、ユグドミレニア家の討伐のために魔術協会に雇われた魔術師の集まりである「赤」の陣営、二つの勢力によって舞台となる街トゥリファスにて7対7の「聖杯大戦」が開始された。





以下、内容に触れています。




[感想]
(1)第三次聖杯戦争の最中に何者かによって大聖杯が奪われたという。原作の並行世界が舞台。第三次の時点で冬木市から大聖杯が失われているため、『Fate/Zero』の第四次聖杯戦争(Zero)、『Fate/stay night』の第五次聖杯戦争(本編)は発生していない。

(2)Fate 作品のキーポイントであるサーヴァントシステムを改変し、魔術協会とユグドミレニア、赤陣営と黒陣営、7 vs 7 という擬似チーム形式を採用。もちろん、サーヴァントも倍であればマスターも倍である。

(3)赤アサシンのマスター『シロウ』が間違いなく何かをやらかすと踏んではいる。お前、絶対何かするだろ。あとは黒ライダーが保護した『ホムンクルス』もキーパーソンな予感が強い。

(4)本編では出し惜しみがちだったサーヴァントの真名は、割りと早い段階から明らかになっていく印象。それでも、サーヴァントの設定が明らかになるときはワクワクする。主役級のキャラクター(サーヴァント、マスター)が多いということで、単純にワクワク感の量が半端ない。黒陣営が 6 騎揃ったときとか妙にテンションあがった。

(5)(4)で述べたことに関連するが、キャラクター数が多いので1 サーヴァントをどこまで掘り下げれるかという懸念がある。尺の問題だろうか、本編や Zero ではジワジワ描かれるような部分も、かなり直接的に描写されている(読者に意識付けしている)印象を受けることもあった。

(6)一方、同陣営でのサーヴァント同士のコミュニケーションや連携は、多く描写できそうな予感。7 騎各個のバトルロワイヤル要素が前提だった本編や Zero とは異なった楽しみを提供してくれそう。

(7)並行世界という位置づけのため、本編や Zero を意識したメタ発言が随所に登場。最低限の世界観の説明は成されているため、Apocrypha だけを読んでも楽しめるが、本編や Zero を知っているとクスリと笑えるネタも上手く差し込まれている。

(8)まだまだ、開幕したばかりの外典であり、キャラクター紹介の位置づけが強かった Vol. 1 だが、水面下の動きが色々ありそうで、純粋に今後の展開が楽しみで仕方ない。戦闘パートでも戦闘以外のパートでも、私たちを魅了してくれることを期待する。

(9)最後に
・スキル『神聖』はやればできる子
・セレニケさん、マジでペロリストです
・赤キャスターの宝具が楽しみで仕方ない
・黒ライダーが女の子よりかわいい件について
・数学分からないジャンヌたんは聖処女かわいい

コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。