えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

【攻略】RosenkreuzStilette -Grollschwert- 

【サークル】
[erka:es] (エルカーエス)
bn_rks.jpg


*グローラモードのみ
基本操作などを以下に示しています
スピリティアモードクリア後、サークルのロゴ画面で←・→・ R ・ L と入力


【プレイキャラクター】

● グローラ・ザイファルト Grolla Seyfarth
通常武器 : うらみのつるぎ" グロールシュヴェート Grollschwert (チャージ可能)

<特徴> (スピリティアと比較して)
・ 高機動
ダッシュや三角跳びが可能。
ダッシュジャンプも可能で、通常届かない距離も跳躍できる。
三角跳びを使用できるので、穴などに落ちる危険性が低い。

・攻撃力増加あり
ライフが半分以下になると、グロールシュヴェートの威力が増加。
瀕死レベルだと 2 倍程度に。

・低防御力
被ダメージが 1.5-2 倍程度。
基本的に攻撃、トラップは全て避けるつもりで。

・リーチの短さ
武装がグロールシュヴェート (以下、剣) のみ (取得武器なし) ということもあり、攻撃時はある程度接近しないといけない。

・隙の多さ
直立時に剣を振るうと、剣が戻りきるまで移動、ジャンプ等が不可能。
全ての攻撃で連射性能に乏しく、攻撃範囲の狭さもあり、囲まれると非常に不利。



基本的に高難易度。
スピリティアモードを十字缶+弱点武器で何とか乗り切った程度では、まず攻略は不可能。
個人的に続編の同モード・パメラモードよりも難しかった印象。




【サポートキャラクター】
なし



【サポートアイテム】
なし



【基本操作】 (SFC のコントローラー準拠)
<攻撃 : Y ボタン>
剣での攻撃
入力時の状態によってモーションが異なる

● 直立時
2 回まで追加入力できる
隙が若干大きい

1 回目入力
画面手前から奥上方向に向かって剣を振るう

2 回目入力
画面奥上から手前方向に向かって剣を振るい戻す

3 回目入力
上段切り


● 移動時 (歩き中)
直立時の 1 回入力と同じモーションで、追加入力は不可能
剣を振るいながらも移動できる
直立時と違い、ジャンプやダッシュでキャンセル可能



● 移動時 (通常ジャンプ中)
画面奥から手前方向への切り払い
追加入力不可


● 移動時 (ダッシュ、ダッシュジャンプ中)
ダッシュしながら唐竹割りでの一段攻撃、追加入力不可
ダッシュ中に出した場合、ジャンプでキャンセル可能


● タメ斬り
Y ボタン押しっぱなしでチャージ(タメ)することができる
チャージ完了で魔方陣が紫色に変わる
チャージが中途半端 (魔方陣が青色) だと何も起きない (注意)

追加入力は不可

通常攻撃よりもリーチ、攻撃範囲に優れるため使いやすい (2.0-2.5 キャラ分程度)
直立時に出すと非常に隙が大きいが、空中で出すと着地硬直がないので、硬直が短いように見える

続編のパメラの様に飛び道具がなく、タメ斬りに貫通属性が付与されないので注意。


<ジャンプ : B ボタン>
スピリティアと同じ



<ダッシュ : L ボタン or 進行方向 2 回押し>

赤い残像を出しながら高速移動する。
ボタンを押し続けることでダッシュは持続するが、最大 6 キャラ分程度まで。
被攻撃判定はスピリティアのスライディングと同じ。
ダッシュ中にジャンプすることで通常のジャンプより遠くまで跳躍できる。


<三角跳び : 壁張り付き時にジャンプ>
空中で左右の壁方向に十字キーを入れると壁に張り付いて緩やかに降下するが、そのときにジャンプすると壁を蹴って上ることが可能。
壁を蹴ると同時に L ボタンを押すとダッシュ三角跳びが可能。




【基本戦略】
高機動だが、低防御力のため凡ミスが死に直結。
高火力だが、隙が大きいのに近接しないといけない。

まずは、ダッシュや三角跳び、武器の特性に慣れること。
そして、敵の隙やパターンを慎重に見極める丁寧さが必要。

いずれにしてもゴリ押しや弱点武器の使用が出来ないため、ボス戦では結果的に長期戦になることが多い。
チャージを作っておいて、突進攻撃の避け際に攻撃するなどの工夫が必要。



*以下に各ボスの攻略メモを示します。




【エルカーエスステージ】

● トラウアーレ・ヴレーデ Trauare Wrede
壁に張り付き、タメ切りを当てる。


● ズィヒテ・マイスター Sichte Meister
相手がグローラを飛び越したあとに攻撃を当てる。
相手の覚醒後はナイフをダッシュで避けた後に少し近づいてタメ切りを当てる。


● スピリティア・ローゼンベルク Spiritia Rosenberg
グローラステージのボス。
覚醒前
リリィを展開しつつ、バスターで攻撃してくる。
スライディングで絶妙な距離ととったりする。
基本的に壁に張り付いて、リリィが寄ってきたら攻撃を当てて撃退する。
ティアはライフがなくなると、十字缶を使用して回復する。

覚醒後
フロイデンシュタッヘル、ルストアーテム、クラーゲハルニッシュ(チャージ)を使用する。
基本的に壁に張り付き、ティアが真下でクラーゲハルニッシュを使用しそうになったら、三角跳びでティアを飛び越し、攻撃を当てる。
攻撃を当てた後はすぐに反対側の壁に張り付くこと。フロイデンシュタッヘルが飛んでくる。


● ルステ・トイバー Luste Teuber

スピリティアモードと同じくパターンに嵌める。


● シュヴェーア=ムータ・カサソラ メルクル Schwer-Muta Casasola Merkle
スピリティアモードと同じく正攻法で戦う。


● フロイディア・ノイヴァール Freudia Neuwahl
アイスランツェの時にダッシュジャンプでフロイの背面に周るとフルボッコできる。
シュネークリスタルはゆっくりと地面を歩いて避けると楽。


● ツォルネ・ゼッペリン Zorne Sepperin
スピリティアモードと同じく正攻法で戦う。



● リーベア・パレーシュ Liebea Palesch

スピリティアモードと同じく正攻法で戦う。




【ゼッペリンステージ】

● Stage1 デモンズウォール
グローラモード最大の難所。
(1) 一番右の足場で待ち、チャージを準備。
(2) 1 発目の緑玉がグローラの左 2 キャラ分あたりにきたタイミングで、一番上の足場に飛び移る。
(3) 二発目の緑玉も同様に、左 2 キャラ分あたりにきたタイミングで壁に向かって高くジャンプ。一番下の足場の左半分くらいに着地するつもりで跳ぶと良い。
(4) タメ斬りを当てる
(5) 1 番下の足場で待機。
(6) 3 発目の緑玉を頭上で分裂させてから、チャージしつつ一番右の足場に移動。
(7) (1)-(6) をひたすら繰り返す。


● Stage2 ステンドグラス
スピリティアモードと同じく正攻法で戦う。
三角跳びが使用できる。
ただし、最後のグラスの時は壁がなく、三角跳びが使用できないので注意。

・ ボス出現時の安全場所は以下。
1-3 回目は右下。
4、6 回目は左下。
5 回目は真ん中。


● Stage3 ライムント・ザイファルト Raimund Seyfarth
壁蹴りが使用できる。
壁の最上に位置取り、小鎌が飛んできたら高低を調整して避ける。
基本的に壁に張り付いて大鎌に当たらないようにタメ切りを当てる。


● Stage4 ミヒャエル・ゼッペリン伯爵
スピリティアモードと同じく正攻法で戦う。
ステージ途中の隠し部屋のアイテムは取れない。



【イーリスステージ】
● Stage1 ボスパイダー
ボスが下に下りてきていなくても壁を登ればダメージを与えられる。
子蜘蛛は三角跳びなどを駆使して回避しよう。
子蜘蛛+矢+ボス本体の攻撃が運悪く重なったときはあきらめよう。


● Stage2 イエローデビル
スピリティア以上に地道な戦いが求められる。
十字缶を仕込んでいくのも手。


● イーリスロボ 第一形態
ロボの真下でも小ジャンプすればタメ斬りが当たるかもしれない。


● イーリスロボ 第二形態
タメ斬りの攻撃範囲の都合上、スピリティアよりも攻撃を赤球に当てやすい。


● イーリスカプセル
電撃は演出が見えてから当たり判定がでるまで少し遅い。見てからでも十分避けられる。


● イーリス最終形態
イーリスカプセルと同じ。
グローラは機動力があるので、正直スピリティアより楽。

コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。