えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

【感想 レビュー】 RosenkreuzStilette Seelegewehr & Grollschwert 


RS_01.jpgRS_02.jpg

[サークル]
[erka:es] (エルカーエス)
bn_rks.jpg



[ひとこと]
ロックマン好きがお勧めする、ロックマン好きによる、ロックマン好きのための美少女 2D アクション

なお、タイトルはローゼンクロイツスティレッテと読む。



[あらすじ]
人が「魔力」を失ってから数千年。

強い魔力を持つ「魔力使い」はごく少数となり、その存在は邪悪なものとされ、迫害を受けていた。

自身も強力な魔力を持つゼッペリン伯爵は、魔力使い達を弾圧から救済するため、「エルカーエス」という組織を創立。組織の設立を認める見返りとして、エルカーエスは帝国のための戦闘部隊として活動することを義務付けられたが、人々の魔力使いへの差別意識が消えることはなかった。

そんな中、伯爵は迫害のない理想の世界の実現を説き、エルカーエスを率いてついに武力蜂起を決行した。だが、エルカーエスの一員でありながら、多くの人の命を奪うこうしたやり方に反発した主人公のスピリティアは、エルカーエスの暴走を止めるため、かつての仲間達と刃を交える決意を固めるのだった。



[感想]
(1) カプコンの名作ロックマンシリーズ、特にファミコン版ロックマンのシステムをオマージュして作製された『ロックマン好きによるロックマン好きのための 2D アクションゲーム(同人ゲーム)』。キャラクターがロボットではなく美少女魔法使いということ、時代背景が近未来ではなく中世なこと以外は、まさにロックマン。気持ちの良いくらいクラシックなロックアクションである。

なお、2012 年に頒布された RosenkreuzStilette Freudenstachel は本作の続編である。
また、Seelegewehr (私が区別のため勝手に名づけた) が表モード、
Grollschwert が裏モードである。
作品のタイトルは RosenkreuzStilette のみである。


(2) 同人ゲームでありながら各要素は満足いく出来。操作性は良く、(フリー素材を使用したと言われる)背景や音楽もフリーとは思えないレベルである。


(3) シナリオは本家ロックマンに似て勧善懲悪を基本としており、非常に真っ直ぐなシナリオが心地よい。本家ロックマンにはほとんど認められなかった、キャラクター同士の関わりもアクションの合間に挿入された会話パートで垣間見ることができ、キャラクターに愛着が湧いた。非常に良かったと思う。


(4) アクションの難易度は少し高め。本家ロックマンと同様に死んで覚えるタイプのアクションゲームで、個人的な見解を言えばファミコン版ロックマンシリーズの平均値よりは高い印象。しかし、回復アイテムの設置場所、個数などは良心的で、ボスには弱点があることから、平均値としては『やってやれないことはない』適度な難易度設定で楽しめた。


(5) ゲームの合間にちりばめられたロックマンや他ゲームのパロディネタも面白い。敵キャラやボス、ステージだけでなく、セリフやゲームオーバー画面の小ネタまで。懐かしのレトロゲームをパクっ・・・真似たパロディの数々は知っている人はクスリとしてしまうこと間違いなし。知らなくて後から調べても面白いよ(多分)。


(6) 総合的に見ると、ファミコン版ロックマンシリーズが好きだった人は間違いなく楽しめる一作となっている。DLsite にてダウンロード販売もされており、価格も安い割には楽しめるので、ぜひプレイしてみて欲しい。


(7) 一ロックマン好きとして、本作を存分に楽しめたことは幸運であった。最後になるが製作者の方々に敬意を表したい。本当にありがとうございました。


[注意]
裏モードはかなり難しいよ。

コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。