えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

艦隊これくしょん 2013 冬の限定海域『迎撃!霧の艦隊』 感想 

戦果記録をつけるまでもなかったので、
感想という形で記させて頂きます。




蒼き鋼のアルペジオに登場する霧の艦隊を仲間にしつつ、
同じく霧の艦隊を迎撃する今回のイベント。


zakki_104.jpg
艦これ的には大和もびっくりのオーバースペックを有する潜水艦イオナ、重巡タカオ、大戦艦ハルナを海域攻略・任務達成により提督ラブ勢に艦隊に引き入れ、最終的にコンゴウ、マヤを撃破する、というもの。




zakki_103.jpg
海域は 3 種と少なめですが、今回初めて任務との絡みで攻略を目指すシステムが実装されました。
どのような任務かは、割愛します。




zakki_94.jpg
さて、結果としては、霧の艦隊の力を借りて無事に攻略完了。

霧の艦隊は手ごわいですが、こちらも霧の艦隊の力を借りるというシステムに素直に乗っかれば、(前回のイベントと比べて)容易にクリア出来る仕組みとなっていました。

全体的な難易度(羅針盤の素直さ、敵の強さ、お仕置き部屋の有無)が低かったのは置いたとしても、以下の内容は大きいと実感しました。

(1)戦力ゲージ回復がない
(丸一日張り付きがない。計画を立てやすい)

(2)後出しで運任せの激レアドロップがない
(ちゃんとクリア達成感を味わえる)

特に戦力ゲージ回復が無いのはこんなにも楽なものかと思いましたね。

確かに、相手の霧の艦隊は強敵で運ゲー要素は確かにあり、こちらの霧の艦隊は燃費が劣悪で、ある程度の準備は必要でしたが、休みたいときに休めるのは良い。

自分のペースでゲームできるというのは大きかったです。
自分の生活に無理のないレベルで、日常にプレイを組み込めるという艦これのメリットが今回は適切に維持されていました。

自身のレベルが低いと難易度が下がる代わりに、クリア報酬を除くドロップ内容が悪いらしいですが、基本的に自身のスケジュールを消化する作業ゲーなので、自身の戦力からの想定に近い適切な達成感(戦果(攻略度合い、ドロップ等))を適当に得られるシステムは重要かと。

運営、ちゃんとバランスとれるじゃんか(喝采)




zakki_95.jpg
というわけで、クリア報酬の先行実装・潜水母艦伊 401 を無事ゲットです。
彼女は今、オリョール海を優雅にクルージングしてますw



zakki_96.jpg
誰もが見たであろうクリア画面(拍手)

ちなみに E-3 クリアメンバーは、
霧島、タカオ、ハルナ、大井、北上、イオナです(列順)。

一度だけ北周回ルートでしたが、残りは中央ルートでした。
全て夜戦でコンゴウを撃破しました。
大破撤退は一度です。





zakki_97.jpg
誰もが見たであろうクリア代償(白目)



コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。