えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

【感想】 Megaman Day in the Limelight 2 

zakki_482.jpg

海外ロックマン(MEGA MAN)のクローンソフトである MEGA MAN Day in the Limelight 2 を攻略した。

概要としては、FC 版ロックマン 2 の 8 ボスロボット(エアーマンやウッドマンら)を操作して、ロックマン 3 のボスロボット(スネークマンやマグネットマンら)及びワイリー博士を倒していくというもの。ボスロボットを操作したいという夢は、ロックマンファンであれば一度は抱いたことがあるはず。それが叶うのだ。

元ネタのロックマンでは、ボスを倒すとそのボスが使用していた特殊武器が使用可能となるが、代わりにこちらはステージごとにメインで操作するボスロボットが決まっており(スネークマンのステージではエアーマンを操作)、そのステージを攻略すると他のステージでも操作していたボスロボットが使えるようになる。

システムは基本的にロックアクション(ジャンプと移動でトラップを避け+武器で敵を倒しながらステージを進み最深部のボスを倒す)であるが、操作ロボットごとに元ネタのロックマンでは見られなかった特性を持っており、それを活かさないと進めないギミックが非常に多かった。

なので、どの操作ボスロボットにも見せ場があって、非常に面白かった。つまり、メタルマンの武器メタルブレードは扱いやすいことで有名だが、だからと言ってメタルマンだけを使用していては、どうやっても攻略できないのである。勝手な妄想であるが、汎用型ではないロボットでも(ロックマンでなくても)、協力すれば勝てる!みたいな事が想像できて熱かった。私はこういうのが非常に好きなのである。

難易度は、元ネタのロックマンと比較すると少々高いと感じたが、同様のロックマン風同人アクションゲームの中では高すぎず低すぎずで、アクションゲーに慣れていれば丁度良いと感じた。所々で詰まない様に親切な工夫がされており、リトライして覚えれば何とかなると思われる。

ダウンロード式のフリーゲームなので、ロックマン好きであれば、プレイしてみてはいかがだろうか。また、同シリーズは 3 まで出ている模様。機会があればプレイしてみたい。

コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。