えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

【感想】 機動戦士ガンダムUC episode 6 -宇宙と地球と-  


機動戦士ガンダムUC 6 [DVD]機動戦士ガンダムUC 6 [DVD]
(2013/03/22)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る


[EP1-6 のあらすじ]



[あらすじ(Wikipedia より)]
ネオ・ジオンの攻撃で大打撃を受けたゼネラル・レビルは撤退した。ガランシェール拿捕を当初の目的とするラー・カイラム隊は宇宙空間に漂うガランシェールを捕捉するが、それは陽動だった。先行するトライスターの眼前で無人のガランシェールは爆散する。その頃、リディはアルベルトからバンシィを譲り受け、宇宙へ上がろうとしていた。

船を失いネェル・アーガマに移乗したジンネマンたちは複雑な心境だった。呉越同舟の言葉通りに友軍から追われ、艦内に宿敵ネオ・ジオンを受け入れることになったネェル・アーガマのクルーたちもまた複雑な心境を抱えていた。戦死したダグザからエコーズ隊を預かるコンロイは両者を仲裁する。

オットーとフロンタルは今後の作戦方針について話し合う。箱の確保こそがネェル・アーガマを延命させ、ネオ・ジオンにとっても好都合だと語るフロンタルにオットーはラプラスの箱の使い道を問いただす。フロンタルは持論を展開。4年後に返還されるジオン共和国の自治権を中心に人口・経済・生産・エネルギーの大半を担う各サイドでサイド共栄圏を築き、地球の存在を無視。主従の立場を逆転させ、やがて地球を枯渇死させるというものだった。

それは現実的かつ有効な構想ではあったが、ジオン・ダイクンやその継承者であったシャア・アズナブルの抱いた人の革新という理想からはほど遠いものであり、生産性を確保するために地球は再開発に走って環境を悪化させ、やがては立場を逆転して地球が再び一年戦争を引き起こすと、ミネバはフロンタルの意見に反対の意を唱える。 その場にいたバナージも、自身ら人類の未来を語っているはずなのに、まるで他人事のような熱のないフロンタルの冷たさに違和感を感じる。ガランシェールを引き上げた際、ユニコーンを包み込んだ暖かな光に人の可能性を感じたと反論するバナージ。

それにフロンタルは『かつて同じ光を私も見た。もっと大きな光をだ』と語りだし、その『暖かな光が引き起こした、あれほどの奇跡アクシズ・ショックを目の当たりにしても人は何も変わらなかった』と、人類への諦念を口にし、現状を維持するためなら自身の可能性すら葬ろうとするような人類には、それ相応の未来を提示してやることこそが、種の存続の観点からすれば正しいのだと答えた。

道を違える相手と判断したミネバは箱の最終座標をフロンタルへ明かす。それを知ったフロンタルは最後の作戦準備のためジンネマンを伴いレウルーラに戻る。

ミネバに裏切られたと感じ、傷心を抱えるバナージにマリーダは『チャンスは必ず来る。そのときは迷わずガンダムに乗れ』と励ます。一方、ミコットは女の勘でミネバが必ず行動を起こすと確信し、不満を抱くクルーたちと共に武装蜂起の準備を整えるがアンジェロに不穏分子として拘束されてしまう。

そんな時、艦内から発信された救難信号により、一隻の連邦軍哨戒艦がネェル・アーガマに接近する。

アンジェロは撃沈をオットー艦長に命ずる。だが、オットーは拒否。それを合図にエコーズ隊によるネェル・アーガマ奪還作戦」が開始される。拘束されていたミコットたちが解放され、ネオ・ジオン兵に制圧されていた艦内が奪還される。ガランシェール隊はMSの確保に動き、バナージはユニコーンに走るが、待ち受けていたフロンタルに拘束される。

その窮地を救ったのはクシャトリヤに乗ったマリーダとミネバだった。

ミネバの説得で両者は膠着する。それでも遺恨が捨てられないジンネマンはマリーダに投降を命じる。だが、マリーダによる娘としての説得を受け入れ、心に従えと命ずる。バナージは一瞬の隙を逃さずガンダムに乗り込み、不利を悟ったフロンタルはアンジェロと共に脱出する。

ラプラスの箱を発端とした争乱は、軍の垣根を越えて、人の可能性を信じる者たちとそれを否定する者たちに分かれ、最終局面を迎える。 最終目的地であるインダストリアル7に向けネェル・アーガマは針路を取り、バナージは最終決戦装備のフルアーマー・ユニコーンガンダムでフロンタルを追う。そこへバンシィ・ノルンを駆ってリディが強襲、かつての母艦を襲撃するのだった。



[感想]
でも……それでも……
他人ではない存在に委ねられたのは、何よりの幸いだった……。
きっとこんな風にして、世界は少しずつ前に進んでいく。
あきらめることなく、囚われることなく、望みを持ち続ければ、チャンスは必ず来る。

(マリーダ・クルス)


彼らに指一本触れてみろ!!
その首をねじ斬ってやるぞ若造!!

(オットー・ミタス)


艦長より達する。
これより本艦は、インダストリアル7に向かい『ラプラスの箱』を確保する作戦を実施する。期せずして、当初の任務に戻った格好だが、これは軍の命令によって行う作戦ではない。生き延びるため。フル・フロンタルの手に箱が渡るのを阻止するため、本艦が独自で行う作戦である。フル・フロンタルが示したサイド共栄圏構想と、ミネバ殿下が言う可能性に揺らぐ未来。どちらが正しいことなのかは、私にもわからない。それを決めるのは我々ではなく、今を生きる若者たち。これから生まれてくる、まだ見ぬ子供たちだろう。彼らに判断を委ねるためにも、我々は生きて帰らねばならない。持ち帰った箱と共に、真実を世界に問わねばならない。軍人として、ひとりの大人として。諸君の健闘に期待する!

(オットー・ミタス)


全 6 話となるはずの劇場版 機動戦士ガンダム UC でしたが、完結は次回にお預け。私は発表後時間がある程度経ってからレンタル DVD で EP7 と連続して視聴しましたが、映画館においてリアルタイムで鑑賞した方々は生殺しもいいところだったのではないでしょうか。

今回のエピソードは、最終回への橋渡し的な役割が強く、それぞれの立ち位置を再確認させるくだりが多かったですが、それでも多分このエピソードがないと絶対に物語として良い感じで締まらないよね。

フル・フロンタルの意図が今回初めて明らかになりましたが、劇中でミネバが言っていた様に、聞いてしまえばなんともあっけない。月と 7 つのサイドの連携を強化し、中央(地球)を間引きした経済圏を確立する。すなわち、サイド共栄圏の建設。ジオンともシャアとも違う、完全に人間に対して冷めた望みでした。これで完全にバナージ(宇宙世紀ガンダム主人公)サイドとの対立となりましたね。

まあ、そんなことはともかくとして、オットー艦長が格好良すぎて泣きそうである。そして、マリーダさんに頭なでられて励まされたい。
コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。