えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

決意の夜。明けなくても光は掴んでみせる。 

皆様お久しぶりです。

といっても、前の『まともな』更新が一ヶ月くらい前なのでそれほどあいているイメージは無いですが……

えと、少し早いかもしれませんが、帰ってこさせていただけないでしょうか?

とりあえず考えとこれまでとこれからを追記に。

こうして見ると私のヘタレ度合いがよくわかりますね。

まぁ、前回同様嫌悪感を覚える方はご注意ということで。


私も休止してからの1か月、鬱っぽくなってた時期も含めると2か月、根本的に私が間違った考え方(超自虐的な思考とか)をもつようになって3年ですか……。考えに考えました。

そして結果的に更新を続けたいという結果に行き着いた訳です。

私としても迷いました。

このまま復帰しても良いものか。

完全に割り切ってから復帰した方が良いのではないか。

やることを全部やってから復帰した方が筋が通るのではないか。

ほぼ毎日考えていたように思います。

しかし

3年間、抜け続けた髪が100%元に戻るか(男性型脱毛症:AGAの場合)。
(実際には80%でもムズイですけどね)

治療したからと言って1ヶ月、2か月で効果が出るか。

確実に、治療した結果がでるか。

間違いなく答えはNoです。

なら、それに悩み続けながらも、必死のケアを行いながらも、

楽しいことを全力で追いかけた方が、前向きにいろんなことを経験してまわったほうがプラスだということに行き着きました。

しかし、この答えを出すまでは自分の中ではかなりの時間を要したと思います。

現実を受け入れず、3年間。

自分は不幸だ、運がないんだ。

なんて、ボヤいてきたツケです。

特に休止してから、テスト開始までの1週間は最悪でした。

飯をまともに食えなくなり、ウイ○ーインゼリーのみで15食分位を補いました。

揚げ物(髪に悪いので)が目の前に出てきたときはショック症状もので震えが止まらなかったことを覚えています。

もちろん夜も寝れず、薬の力を借り、なおかつクーラーの有る部屋(客間)で仮眠のようにして寝ていたのを思い出します。

そんな状況が髪に良いわけなく追い討ちをかけて生え際が根こそぎ吹っ飛びましたwwwwwww

追い討ちをかけていた状況についには勉強にも手がつかなくなり、

死んだ魚のような目で、放心状況のまま客間にいました。

その時、

殴られたんですよ。

両親と妹に。

その時、ちょうど朝だったんで、まぁ、学校にも行ったわけですが、そこで気づきました。

友人がずっといつも通りだったことに。

その1週間前に自分はAGAだと暴露したのに、普通にノリのネタにすることはあれど、からかうことはなく、むしろ言ってくれて『ありがとう』というやつもいました。

結局、自分が間違えていたわけです。

ようやく、気がつきました。

自分が勝手に逃げていただけということに。
周りを考えず一人で不幸面していただけということに。

ボロ泣きしそうになりました。

ただ、ここで泣いたら嘘になると思って堪えましたけどね。

これが、大体、7月末の出来事です。

そして、何とか飯をまともに食えるようになり、自室で眠れるようになり、椅子にもしっかり座れるようになり(考えてみたら、本格的に鬱だったんじゃないだろうか……)

テストも無事終了し(どうやら落している教科は無さそうです

病院に行って、薬(毎度おなじみプロペシア)もらって、それから感情の起伏はありましたが、とりあえず1年はそれで様子を見ようということになりました。

食事や、ケア法も見直し、運動習慣も組み込めたのがつい最近です。

なんでもっと早く何とかしようと思わなかったのか。

あきらめても無いくせに、諦めてるなんて強がっていたのか。

その後悔は7月以降ずっとあります。

もちろん今でもあります。

絶対にこれからもあるでしょう。

そして、ケアの甲斐空しく二十代でノックになっても(いまでも前髪は相当ヤヴァイですがwww

いや、絶対になりたくないですが。

なにより、悩むのに疲れたわけです。

悩むことに対して、体の方が限界を迎えたわけです。

夏休みに入ってからも、うなされた様に起きる。
飯が旨くない。
ひたすら無気力。

マジでしんどいwww

精神的に限界なんて言葉がありますが、精神の限界を通り越して、体が限界になるのはマジで疲れました。

ただ、今現時点の楽しみを全部捨てるまで思い悩むのは意味のないことだし、上手く両立できれば自戒にもなりますし。

なによりこのブログを止めたままでいるメリットは皆無だ&楽しい毎日にはブログ更新が不可欠
あと、やること多くした方が鬱にならずすむ。

というところまで考え行き着きました。

考えた期間は1ヶ月ちょいですが、個人的には3か月くらい過ぎたような錯覚すら覚えます。

と、いうことで明日から更新を再開させて下さい。

いや、おそらく断られてもやりますが(殴)

と、思いきや、


明日から岐阜の方まで旅に出ます。

(注:ひぐらしの聖地巡礼じゃないことは確か)


あ、あと。髪の悩みが出た時は、ネット検索したらだめですよ。
情報が多すぎて余計鬱になるので。


しかし、Fc2ブログのそこいらのページに育毛関係の広告があふれてるのはどうにかしてほしい。
季節がらかもしれんがマジで病む。

ひとまずは「お帰りなさい!」です(*^ー^*)リ♪

まだまだ悩みは尽きないようで大変でしょうが、その誰かが見てくれている、心配してくれている事を忘れないってのは大事ですよね。最後にはこれが鬱で無くなる秘訣なんでしょうね。私も似た経験がありますし^^;

ともあれまたのブログ更新楽しみにしてますよ~ヾ( ̄∇ ̄=ノ
あ、でも辛い時は休止して落ち着くってのも手ですし、別に不可欠って事はないと思いますよ。…まぁ自分自身に言い聞かせてる事なんですがね(苦笑w
[ 2008/08/17 19:08 ] [ 編集 ]
ブログに「戻ります宣言」のコメントが着ていたので
飛んできましたwwお帰りなさいです^^

とにかくストレス溜め込まないで、楽しく生きることが大切ですよね。
いえ、やることはやらねばならないのですが(汗

無意識にストレスになってる場合がありますからね。私の場合、PCし過ぎで睡眠削って体に負担等少々(--;)こういうのは注意すべきです。

これからの更新も楽しみにしてます^^
[ 2008/08/17 21:56 ] [ 編集 ]
キタ――(゚∀゚)――!!
おかえりなさい♪

やる事が多いと欝な気分を紛らわしてくれますね。
根本的な解決にはならないですが、暇でずっと欝な事を考えてるとほんと滅入ります・・・(経験者

ブログ更新がんばってくださいね!
私もがんばりますわよ!(ぉ
[ 2008/08/18 09:29 ] [ 編集 ]
お帰りなさいませ~。
思っていたよりお早い復帰、嬉しく思います!(≧ω≦)
これからも、また更新を楽しみにしていますね^^

いろいろ大変なことも多いですが、ポジティブに割り切ることも大切ですよね。
私も、稀にネガティブ・スパイラルに陥ることがありますが… (- -;
[ 2008/08/18 10:25 ] [ 編集 ]
祝 復帰

悩んでこそ人間ともいいます
悩みすぎは身体にも良くありませんし
何かで気分転換もいいと思います

>友人がずっといつも通りだった
それは何よりうれしい事ですよ

私はそれがなくどんどん2次元思考になった時期がありました(笑)
とりあけネガティブ思考が強い私もある意味で手におえません(爆)

>髪の悩み
私は遺伝なのであきらめてます(ぁ
[ 2008/08/18 11:21 ] [ 編集 ]
まずはおかえりなさいませ。
いろいろあるでしょうが、何事も前向きでいくのがよいのですよ。
これからもがんばってくださいませ~
[ 2008/08/18 15:49 ] [ 編集 ]
お帰りなさいませ。お声が聞けて何よりです。やはり周りの人の支えというのはありがたいですね。私も糖尿病にかかりましたが、周りの人の支えなくして症状の改善はなかったと実感しております。
[ 2008/08/18 18:02 ] [ 編集 ]
おかえりなさい~。ついに復帰ですね。
悩みが解決したわけではないと思いますが、休止するときよりも明るい考えをするようになっていて安心しました。
今後の更新を楽しみにしています(・∀・)

改めまして、今後も宜しくお願いします
[ 2008/08/18 21:51 ] [ 編集 ]
Re: コメント感謝ですヾ(≧∇≦*)ゝ
皆様、お待たせいたしました。

本日(8月20日)より、通常更新となります。

心配をお掛けし、また、楽しみにして下さっていた皆様には本当に申し訳ないと思っております。

今後ともえばーずらいんを宜しくお願い致しますヾ(≧∇≦*)ゝ
[ 2008/08/20 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。