えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

Fate/stay night聖地巡礼 in 兵庫県神戸市三ノ宮駅周辺 前編 

ところで、これを見てくれ……こいつをどう思う?

すごく…Fateです……


Feb.26.2009
It's one o'clock, midnight
In Osaka―――


(*´Д`)ハァハァおっぱい
(*´Д`)ハァハァおっぱい
(*´Д`)ハ(ry


震える体、揺れる携帯、伸びる左手、利き手はセット。

見慣れた羅列

新着 Eメール 1件

件名:明日
本文:休みやってさ~


閉じられる携帯、閉じるピクチャフォルダ
終わる職業、始まる職業、賢者から検索家に。


『よし、旨いパンを食いに行こう』


Google ON(検索開始)
Print OUT(印刷終了)
Information UP(予定構築)
Cash OFF(引出完了)


さらに錬成
つながる知識は以下

旨いパン
→神戸
→三ノ宮
→Fate/stay night聖地

得られた時間はわずか。
検索なんかじゃ足りない。
さらに上を
盗撮完了>GoogleストリートビューとGoogleアース
情報補強

Windows OFF(準備完了)


というわけで
TYPE-MOON代表作
Fate/stay night聖地巡礼 in 兵庫県神戸市JR三ノ宮駅周辺

美味しいパン探し



さてさて、聖地巡礼というわけですがほとんどは適当な日帰り旅行というわけです。
JR大阪駅ならからJR東海道本線新快速・姫路方面行きで3駅、20分程。

JR三ノ宮駅でございます!!

駅周辺から広場はまさに都会。
北方面が上り坂、南に行くと海に行けます。そんなロケーション。

三ノ宮駅を南北にぶち抜くフラワーロードがあるわけですが、この道が鍵。

さて、今回の神戸市内観光。
巡礼予定の聖地は以下の5ポイント。

[Fate本編より]
①新都の教会(言峰協会)への坂道
②桜と金髪青年が会っていた坂道
③遠坂凛邸宅居間
④遠坂凛邸宅外観
⑤深山町と新都を結ぶ橋


①~④は神戸市内三ノ宮駅の北の方角。
観光名所“異人館”が多く立ち並ぶ場所に存在し、
⑤は三ノ宮駅の南の方角。
本州と人工島ポートアイランドを結ぶ神戸大橋となります。


前編は異人館観光をお伝えしたいと思います。

さて、三ノ宮駅に降り立った管理人。
駅をぶち抜き南北にのびる大通り『フラワーロード』を北へ北へ。
駅周辺広場以外は北方向【全て】上り坂ですので、登るという表現がぴったり♪

1.5 km程歩くと神戸市営地下鉄『新神戸』駅が見えてきます。
JR三ノ宮駅から地下鉄への乗り換えは可能ですので、電車賃が惜しくないという方はどうぞ。

さて、駅の手前程、南西の方角に北野通という長い坂があるわけですが、
その坂の東の開始点。



フラワーロードから左折




瞬間、涙した―――




ほおおおぉぉぉおおぉぉ( ̄□ ̄;)!!





①新都の教会への坂道でございますヾ(≧∇≦*)ゝ
アングルがずれてますが、お分かりいただけますでしょうか?

ちなみにこの坂、今回の撮影ポイントのなかで最難度だったりします。
私、この場所を訪れたのは9時前後なのですが、すでにごらんの有様でした。
交通量が多く、観光客も多いです。
ここを綺麗に撮るなら早朝か夜でしょうね。多分。



そして、坂を登り切り、不動坂との交差点で右折。
山側へ移動したところ、現れたのが

②桜と金髪青年が会っていた坂道でございますヾ(≧∇≦*)ゝ

劇中では挿む形でしか現れないこちらの背景。
本編のレンガ調とは異なり、地面はアスファルト、左手の柵は緑色です。
こちらのアングルはそれなりに満足いく仕上がり。



次に向かいますのは異人館の一つ『うろこの家』
②から北西方向へ登り続け発見!!

ちなみに入場料取られます。
同敷地内にある美術館とセットで1,000円です。
他の異人館はもっと安いんですけど、目的なけりゃ入ろうともしない高価格設定。
スタッフにFate信者がいるんじゃないかとか疑心暗鬼。

まず外見はこんな感じ。
全貌は撮影できなかったのですが、左の写真を反転してつなげればOK。
左右対称。
うろこの家。
ちなみに左の方が美術館です。


庭の展示物
昔の公衆電話らしいです。
今はもう、普通の公衆電話も少なくなりましたよね。



目指すはうろこの家2階。
朝も早いのに観光客が結構居たりと…
狙え、ベストショット。
このデジカメはただそのことだけに特化した、撮影装置―――


視えた!そこっ!!



③遠坂凛邸宅居間でございますヾ(≧∇≦*)ゝ

部屋の中には入れません。
ロープ引っ張ってあります。
こうみるとわかりますが、絵まで一緒なんですねww


他の部屋は以下の通り、よくあるちっちゃい博物館みたいです。
アンティークな展示物数点。
はじめて知りましたが、タイプライターのキーってPCと同じなんですねw






さて、次は観光名所の一つである異人館『風見鶏の館』
入場料は300円です。
なんか、ドンピシャのアングルがないみたいで、よくわからんので4枚。
ks24.jpg

④遠坂凛邸宅外観でございますヾ(≧∇≦*)ゝ

果てしなく木が邪魔ですが、左上の写真をもう少し遠くから撮影し、
左右反転して風見鶏を除けば結構近いものになるらしいです。
ただ、詳しく見てないのでわかりませんが、この時期でこの青さということは常緑樹ですかね?
ということは1年中木無しの写真は無理な気もします。


といったところで午前(前半)は終了。



異人館周辺には遠坂家(寝室)(元ネタ:異人館『英国館』の2階の部屋)があるみたいなのですが、
【数年前にバーに改装する際、この部屋も改装されてしまい、
今ではほぼワインのビンを置く棚と化しており、ごく一部しか残っていないそうです。】

という情報があったため行かず仕舞。

今思えば少し余裕があったので見るだけでも見ておくべきだったと思っております。

神戸市異人館周辺のFate聖地は以上です。
ということで、後半へ続く♪


後半へ


【前半感想】
異人館周辺とそこに到達するまでの感想です。
坂と人が多い!!
坂は元気があればどうとでもなりますし、正直、バス・電車・タクシーなどの交通手段は豊富なので特に問題とはなりませんが、観光客はどうにもなりません。
イメージとしては異人館周辺はそんなに活気のある所ではなく、撮影も簡単だと思いきや、全然そんなことはなかったです。
意外と人は多い。
この一言に尽きます。
昼間に行くとごらんの有様になるので、朝がおすすめ。
それでものんびりしてると、観光客が多くなってきます。
特に①は難所。
車の通行量も多いのできれいな写真を撮りたければ多少粘る必要があるかもしれません。


【注意】
当ページに置きまして紹介された風景、建築物の中にはWindows用アダルトゲームソフト
伝奇活劇ビジュアルノベル『Fate/stay night』に登場する背景画像のモデルとなったであろう撮影画像が存在します。
しかしながら、『Fate/stay night』はフィクションであり、制作元でありますTYPE-MOON/有限会社ノーツは劇中、舞台となった地域は実在の地域とは一切関係ないことを示しております。
故に、モデルとなった建物等の管理者への問い合わせは絶対にお止めください。

また、現地には居住されている方々、観光されている方々、多数いらっしゃいます。
よって、実際に旅行される場合、そのような方々の迷惑にならぬよう、
モラルを持ち、節度ある行動をされることを御願致します。

さらに、撮影地点・現地におきまして生じた一切のトラブルを、
当ブログ管理人SINは負いかねますことをここに示します。

>Fate/stay night聖地
言葉が出ないです・・・。
あまりにも完璧すぎます!!
超行きたいのに僕の地元は愛知県という罠w
まぁ行こうと思えば行けるのですが、問題は資金面が・・・。
個人的には大橋に行きたいです。
[ 2009/02/28 14:21 ] [ 編集 ]

聖地があったんですか・・・知らなかったです^^;
巡礼レポートは見ていてとても楽しくなります。

原作→グッズ関連→中の人関連→聖地巡礼でファンとしてはもう究極なんじゃないですか?さすがはSINさんw
このレポを見ていたら積んでるFateをやりたくなってきましたw
[ 2009/03/01 13:21 ] [ 編集 ]
中々 素晴らしいですねヽ(*´∀`)ノ

自分は兵庫県在住なので、また 行ってみることにしますw
まぁ 一応兵庫県の県庁所在地ですから人も多いでしょうね・・・
[ 2009/03/30 17:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。