FC2ブログ

えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:GOTH リストカット事件 夜の章&僕の章 

GOTH 夜の章 (角川文庫)GOTH 夜の章 (角川文庫)
(2005/06/25)
乙一

商品詳細を見る

GOTH 僕の章 (角川文庫)GOTH 僕の章 (角川文庫)
(2005/06/25)
乙一

商品詳細を見る


[あらすじ]
GOTH 夜の章
森野夜が拾った一冊の手帳。
そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。

これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。
もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、
犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。

「彼女に会いにいかない?」

と森野は「僕」を誘う…。
人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き、
『森野夜』に焦点を当てた短編集3作。

【暗黒系 Goth】
最近起こっている連続殺人事件に関係すると思われる手帳を拾った森野夜は「僕」にそれを見せる。
そこにはまだ見つかっていない死体の放置場所が書かれており、
二人は死体を見つけ出すことにした。

【リストカット事件 Wristcut】
老若男女を問わず手だけを切り落とし持ち去るという事件が起こっていた。
その犯人を特定することができた『僕』は、ある計画を実行することに。

【犬 Dog】
町内で犬の連続連れ去り事件が発生。
『僕』は犯人の犯行現場をつきとめる。



GOTH 僕の章
この世には殺す人間と殺される人間がいる。
自分は前者だ―そう自覚する少年、『僕』。
殺人鬼の足跡を辿り、その心に想像を巡らせる「GOTH」の本性を隠し、教室に潜んでいた「僕」だったが、あるとき級友の森野夜に見抜かれる。

「その笑顔の作り方を私にも教えてくれない?」

という言葉で。
人形のような夜の貌と傷跡の刻まれた手首が「僕」の中の何かを呼び覚ます。
彼女の秘密に忍び寄った彼が目撃するのは…。

人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き、
『僕』に焦点を当てた短編集3作。

【記憶 Twins】
『僕』と森野夜は、彼女の寝不足を治すための紐を買いに行った帰り道に、彼女は寝不足の原因である過去の事件を話しだした。

【土 Grave】
人を生きたまま棺に入れ、埋葬することにとりつかれた男・佐伯。彼は第二の犠牲者を出そうとしていた。

【声 Voice】
廃病棟で起こった女性惨殺事件。その被害者の妹は、その事件の犯人だと名乗る少年からひとつのカセットテープを渡される。


[感想]
淡々と語る暗黒面
持ってるのが当然のように描写する暗黒面
殺人という事にさえ『現実的に、こういうのもありなのか?』という錯覚を覚えてしまうほどの自然さ
いや、絶対だめだから。

非常に読みやすいテキストで、いつも通りの日常『朝食を摂る』かのような雰囲気で
書く人間の暗い陰鬱な部分。
でも、肝心なところ(主にグロ)の描写は上手く良かったと思います。

よくありがちなパターンとして、黒さが白さに変わるというか、
陰鬱な展開が、何かの拍子に感動に変わることがありますが、
GOTHはそんなこともなく暗さと陰鬱さだけ。
切なさや感動なんてものは微塵も出てこない徹底さ。

軽やかに暗く
対照的なこの2つが織りなすどうしようもない人間の暗黒面
楽しめました。

コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。