えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:流れ星が消えないうちに 

流れ星が消えないうちに (新潮文庫)流れ星が消えないうちに (新潮文庫)
(2008/06/30)
橋本 紡

商品詳細を見る


[あらすじ]
忘れない、忘れられない。

けれども、亡くしてしまった。

あの笑顔を、全てを

一緒に過ごした時間の輝きを

そして流れ星にかけた願いを―――



高校で出会った、加地君と巧君とわたし。
けれど突然の事故が、わたしと加地君を、永遠に引き離した。
加地君の思い出を抱きしめて離さないわたしに、
巧君はそっと手を差し伸べるが……
悲しみの果てで向かい合う心と心。
せつなさあふれ、選ぶ答えとは。


[感想]
女の子の気持ちを書かせたら橋本紡さんが世界一(マテ

ありきたりなネタを用いた恋愛小説なのに、それだけじゃない!
読みやすいテキスト、わかりやすい表現、なのに深い。

読後感は最高。

加地を亡くした巧と奈緒子が前を向いて一歩を踏み出すまでを全力で描き切った作品、それだけの恋愛小説だけど、なめてかかると大変だぜ?


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。