えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:波のうえの魔術師 

波のうえの魔術師 (文春文庫)波のうえの魔術師 (文春文庫)
(2003/09)
石田 衣良

商品詳細を見る


[あらすじ]
あの銀行を撃ち落とせ!!

謎の老投資家が選んだ復讐のパートナーはフリーターの“おれ”だった。
マーケットのAtoZを叩きこまれた青年と老人のコンビが挑むのは、
預金量第三位の大都市銀行。

知力の限りを尽くした「秋のディール」のゆくえは…。











以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
画像などを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。












[総合感想]
やべぇ、超おもしれぇ!
実は、あらすじとかなんもチェックせずに買ったんですけど、経済・株ネタとは。。。

確かに、高校社会科くらいの経済の知識と簡単な株の専門用語がいる場面がありますね。私は携帯で辞書を引きつつ読みましたが、最初から知識があればもっとのめり込んで読めたんじゃないかと若干後悔しています(´・ω・`)

ただ、軽快なリズムで物語が進み、読みやすい。
多分、経済がどうとかというより、経済に引き込まれた主人公の心の動きに焦点を当ててるからなんでしょうかね。

扱う対象に対しては曖昧でイメージを大事にしてる感じがありますね。
株式?相場?なにそれおいしいの??っていう私でしたが、強く引き付けられ、とっつきやすい物語でした。

一番楽しめたのは展開の大胆さ。
手軽に読んでいた分、話の急展開は面白く、ラストは楽しめました。

コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。