えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:spica 

spica (講談社BOX)spica (講談社BOX)
(2008/11/05)
泉 和良

商品詳細を見る



[管理人から作品へ]
好きで、想って、叫んで、悶えて、狂って、泣いて、怒って、別れて、まだ好きで。

永遠ループ性の超絶欠陥

抜け出しても痛くて、
抜け出せなくても痛くて、

恋愛ってそういうもんだよな。


[あらすじ]
髪はピンク。

眉や睫毛までもがピンク。

そして虚言癖のある元・彼女―――



遙香。



でも、彼女との“別れ”なんかより、遙かに苦しくて、辛くて、最低最悪なことがある…



それは、「続く」。

恋愛は甘くて音楽のように心地の良いものだと思っているやつがいたら死ね。
ファッキンラブ!









以下、内容に触れています。
主観判断ですが、ネタばれは反転しておりますし、
画像などを貼ってはいませんが、自己責任でお願いします。
また、作品について譲れない想いをお持ちの方も自己責任でお願いします。










[総合感想]
どうしようもねぇな!!
ホント、史上最悪のバカップルだぜ。

一途な想いが綺麗に完成するのがエロゲの世界
一途な想いが平気で完成しないのが現実世界
一途な想いが宇宙までぶっ飛んだのがこの作品




そこまで一途じゃなくても良いじゃねえか。
諦めも肝心だぜ。
不毛。

そんなもん、知らねぇ!死ね。的な流れ





うん。私のスキルじゃ作品説明できねぇじゃねえかクソ野郎。





ラノベでもエロゲでもないのに一途を貫き通した主人公
ラストへのネガティブラッシュ

この二つが相まって読むのが痛い。
スゲェ痛い。


間違いなく普通の恋愛小説じゃない。
でも、講談社BOXをわざわざ手に取るような層には受けると思う。


ああ、つまりだ、このブログに来るような奴は楽しめるんじゃないの?



コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。