えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~(下) 

大石蔵人を魅音は大石、詩音は大石さんっていうのはあってるのかな
それ以外にもどこで入れ替わっているのか確証が持てないですね



さて、下巻です
鬼隠し編と比べて理解はしやすい
話も順当にいっている
レナや梨花ちゃんは圭一の理解者として存在しているからそれほど怖くない
魅音が犯人というネタもついている

しかし最後はなんだろう



あのとき、一つかなえてあげた
今度はダメ――という魅音

エピローグで死人に刺された圭一
死人に突き落とされた?詩音

注射器を持ち歩いていた梨花ちゃん

たいてい理解しているレナ






しかし、
あのとき、一つかなえてあげた
今度はダメ――のとこが、大事くさいですね

あと、鬼隠し編と同様に、死人が生きている的なネタもありますね

何かの共通が?
まさかひぐらし自体がループ性の物語?



コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。