えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:屋上ミサイル(上) 

屋上ミサイル (上) (宝島社文庫) (宝島社文庫 C や 2-1)屋上ミサイル (上) (宝島社文庫) (宝島社文庫 C や 2-1)
(2010/02/05)
山下 貴光

商品詳細を見る



[あらすじ]
美術の課題のため、屋上にのぼった高校二年生の辻尾アカネ。
そこでリーゼント頭の不良・国重嘉人、
願掛けのため言葉を封印した沢木淳之介、
自殺願望をもつ平原啓太と知り合う。

国重の強引な提案で、「屋上部」を結成した4人は、偽の神様を騙る通り魔、ストーカー、殺し屋、詐欺師との遭遇など、屋上の平和を脅かす事件に次々と巻き込まれていく。


[感想]
いやー面白いです!!
あんまり人気がないらしいですが、私は楽しめました。

奇抜な展開や偶然の重なりが非現実的(特殊設定はありません)と批評されていますが、ライトノベルっぽくて、むしろ楽しめましたね。軽快に物語を進行させるテンポ良さがありました。

このミス大賞受賞ということで、本格ミステリを期待された方はしてやられたでしょうね。
でも、帯とか設定軽く見たら、ミステリを期待しすぎるのもどうかと(殴

宗田 理さんのぼくらシリーズの楽しさを思い出しました。
ミステリよりは青春もの。
現実味よりもドキドキハラハラですよ。
ぼくらシリーズを純粋に楽しめる人なら面白さが分かるのではと期待w




コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。