えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想:劇場版 空の境界 -the Garden of sinners- 殺人考察 (前) 

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]
(2008/06/25)
鈴村健一、坂本真綾 他

商品詳細を見る




[あらすじ]
1995 年 3 月 僕は彼女に出会った。

黒桐幹也は街である少女と出会った。
透徹した不思議な眼差しを持った少女に、幹也は一目で心を奪われてしまう。

翌 4 月。
入学した高校で再開した黒桐と両儀式。
人なつこい黒桐
人嫌いの式
余りにも違いすぎる二人だが、ゆっくりと距離を縮めていく。
そして、黒桐は式の二重人格---式と織を知る。
自分を殺人者という織に戸惑う黒桐。

その頃、街では連続猟奇殺人事件が起こっていた。

ある夜、式と事件の関連性に疑った黒桐は両儀の邸宅を訪れる。
その道中、彼は血に濡れて佇む人の姿を見る。




以下、内容に触れています。




[感想]
音と映像が全てを表現していた。

映画と言う媒体の特性上、一般的に小説には敵わない心理描写というスキル。
第二章の醍醐味、その心理描写を見事にやり切った。

穏やかながら、深い意味を有する式のセリフ。
近寄りたくても、近寄れない。
近寄らせない。
彼女の葛藤。

そして、そんな式を好きでいる黒桐。

ラスト数分。
黒桐を押さえつけ、ナイフを突きつけ、式が発したセリフに込められた感情がなんとも切なかったです。


前作同様、クオリティは非常に高かったと思います。
緩やかでしたが、暇はしないでしょう。
この章の印象の残り具合が締めの面白さに影響してきますからね。
ぜひ、のめり込んでください。


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://eversline.blog74.fc2.com/tb.php/689-014e64c0

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD](2008/06/25)鈴村健一、坂本真綾 他商品詳細を見る[あらすじ]1995 年 3 月 僕は彼女に出会った。黒桐幹也は街である少女と出会った。透徹
[2012/06/11 02:55] まとめwoネタ速neo
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。