えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:鉄鼠の檻 

鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)
(1996/01/05)
京極 夏彦

商品詳細を見る


[あらすじ]
とある商談のため、箱根山中の旅館・仙石楼に滞在していた骨董商、今川雅澄は、姑獲鳥の夏の一件以来東京を離れて同旅館に居候していた久遠寺嘉親と出会う。

時を同じくして、仙石楼へとやってきた中禅寺敦子と同僚の記者・飯窪、カメラマンとして同行した鳥口守彦。
彼女らは科学雑誌・稀譚月報の取材のため、明慧寺を訪れようとしていた。

だがその明慧寺は京極堂こと中禅寺秋彦をしてその存在を聞いたことがないという寺でもあった。

そんな中、仙石桜の庭園に忽然と僧侶の死体が現れる。
周りに足跡はなく、不可解な現場に旅館は騒然となる。
さらに乗りこんできた神奈川県警の横暴な捜査に業を煮やした久遠寺老人は榎木津に捜査を依頼し、関係者一同で明慧寺に乗り込む。そこには外界と隔絶された閉鎖的で独自の社会が形成されていた。

同じ頃、京極堂は友人からの依頼で古書を運び出すため、箱根山を訪れていた。

関口をして檻と形容する明慧寺。
その中で次々と僧侶たちが殺されていく。
警察にも手に負えない明慧寺に憑いた闇を、京極堂が落とす。




以下、内容に触れています。




[感想]
物凄い勢いで京極ワールドという檻から出られなくなる。


禅の世界、ということで仏教・禅宗の背景知識がてんこ盛りでございます。
禅宗の考え方やら日本における禅宗の成り立ちなども学べるお得な一冊。

いつものことですが、メモらないと忘れるほどの登場人物と膨大な量の伏線を綺麗にまとめていく力には脱帽します。恐らく、何気なく読み飛ばしてしまったところや忘れてしまったとこも、爽快に伏線回収されていることでしょう。今作も、読破直後に、記憶をそのままにしてもう一度読み返してみたくなりました。そして、伏線を見つけてほくそ笑みたい自分がいます。

話の大筋は理解できるし、面白いとも感じる。でも、物語のギミックを一回の読破で 100% 理解又は記憶させない絶妙な文章のつくりは、もはや彼の作品の王道スタイルですね。まさしく味わい深いスルメ小説。しかし、このスルメ、味の素が大量にふりかけてあるのではなかろうか。

今作は、いつも以上に(我々の常識で言う)変態・変人が多く出演しますが、それでも彼らに違和感を感じさせないように背景・設定を読者に刷り込んでいく京極夏彦の力量には驚きます。関口が京極堂に説得されるように、我々も京極夏彦に丸め込まれているのでしょう。

また、山中、境内、雪景色。警察、僧侶、京極堂・関口たち。風景や心情の描写が上手く、物語は長いのですが、話にのめりこむことはできました。投げずに読みきれたのもこのお陰です。

ラストの京極堂の叫びはグッときました。
少し間を空けたらまた読んで確り理解したいですね。


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://eversline.blog74.fc2.com/tb.php/699-53400237

鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)(1996/01/05)京極 夏彦商品詳細を見る[あらすじ]とある商談のため、箱根山中の旅館・仙石楼に滞在していた骨董商、今川雅澄は、姑獲鳥の夏の一件以来東京を
[2012/06/21 00:50] まとめwoネタ速neo
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。