えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想:Fate/Zero 23話 最果ての海 

[あらすじ]
綺礼が上げた狼煙を合図に、覚悟を決めた者たちが続々と集まる。
ウェイバーと共に戦場に駆け付けたライダーの前には、アーチャーが立ちはだかる。
英雄王と征服王。王者の戦いの火ぶたが切られた。
時同じくして、セイバーもまた宿命の対決に挑むことになる。




以下、内容に触れています。



[感想]
fate52.jpg
ローソンwww





fate53.jpg
葵さんが冷たく見下すところで、その、フフフ。
不覚にも勃起しちゃいましてね。





fate57.jpg
何スロットさん、やっと真名公開でございます。
しかし、セイバーとランスロットの確執はちゃんと語られるんだろうか。




fate54.jpg
天地乖離す開闢の星
エヌマ・エリッシュキタ━(゚∀゚)━!!




fate55.jpg

エア―――古代メソポタミア神話において『天』『中』と分かたれた大地と水の神。その名で呼ばれるこの『乖離剣』こそは、寝台において世界の創造に立ち会った原初の剣。始まりの刃が果たした役とは、即ち―――未だ無形であった天と地を切りわかち、その判別に確たる姿を与えたことに他ならない。

(中略)

英雄王の執る乖離剣。その一撃が穿ったのは大地のみならず、天にまで及ぶ世界そのものだ。その攻撃は、もはや命中の是非、威力の可否を語るものですらなかった。

(中略)

その一刀を揮うより前の有象無象は、何ら意味をなさぬ混沌に過ぎず―――
その一刀が揮われた後に、新しい理が天と海と大地を分かつ。
解き放たれた天地創世の激動は、もはや対城宝具の域にすらない。
形あるモノのみならず、森羅万象すべてを崩壊させる規格外。
それこそが英雄王を超越者たらしめる『対界宝具』の正体だった。

結論:チート




fate58.jpg
ライダー逝った・・・
アレキサンダー大王の命日に合わせてくるとはテクいぜ。
ウェイバーとライダーの会話はいちいち涙ものでしたね。



fate56.jpg
忠道、大儀である
ここがあるからZeroギルは嫌いになれないですね。



以上、最終回でした(マテ



コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://eversline.blog74.fc2.com/tb.php/700-efad1715

[あらすじ]綺礼が上げた狼煙を合図に、覚悟を決めた者たちが続々と集まる。ウェイバーと共に戦場に駆け付けたライダーの前には、アーチャーが立ちはだかる。英雄王と征服王。王者...
[2012/06/21 00:50] まとめwoネタ速neo
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。