えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~(上) 

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~(上) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~(上) (講談社BOX)
(2008/09/10)
竜騎士07

商品詳細を見る


[あらすじ]
昭和五十八年六月。
雛見沢村で幾度となく繰り返される凄惨な結末。

そんな逃れられない運命を見つめ続ける存在、古手梨花と羽入。
だが梨花は、定められた運命を軽々と打ち破る圭一の情熱に、希望を見出そうとしていた。

今度こそ昭和五十八年の六月を乗り越えてみせる、と。
しかしそんなとき、沙都子を虐待していた叔父・鉄平が雛見沢に戻ってきてしまう。
祟殺しの悲劇が、再び繰り返されるのか。

かつてない恐怖、そして来るべき未来の物語の可能性がここに結晶化する。




以下、内容に触れています。




[感想]
前原圭一最強伝説!

目標に向かって一致団結。
仲間を信じて正攻法。
いままでのひぐらしとは違う。
全く違う。

疑心暗鬼、裏工作、暴力、殺人。
そんなものはない。
叔父・鉄平という、今までで最悪のカードを引かれているのにもかかわらず。。。

今はただ、彼ら彼女らの可能性を信じていたい。
運命をぶち破る人の心の光。仲間の結束。

彼らがどうなるのか。
どこまでやれるのか。

そして、すこしずつ明らかになる世界の真相。

予測通り、平行世界みたいなもので、特定の出来事だけが固定されている感じでした。
疑問でしたが、ある程度被害者、加害者、出来事が異なるのは別にかまわないとのことです。
それらは、当事者の意志の強さというか必然性の度合いで起こったり起こらなかったりするオプション要素みたいです。
それらよりも土台、共通項が鍵でした。
誰かが狂う雛見沢という環境、必ず死ぬ富竹ジロウ、鷹野三四、古手梨花。
これらの錠前を打ち破るのが、雛見沢の昭和五十八年の六月という檻を出る方法。

さてさて、真相は!?
下巻がこの上なく楽しみです。


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://eversline.blog74.fc2.com/tb.php/712-60077eb4

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~(上) (講談社BOX)(2008/09/10)竜騎士07商品詳細を見る[あらすじ]昭和五十八年六月。雛見沢村で幾度となく繰り返される凄惨な結末。そんな逃れられ
[2012/07/01 22:00] まとめwoネタ速neo
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。