えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~(下) 

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編(下) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編(下) (講談社BOX)
(2008/10/01)
竜騎士07

商品詳細を見る


[あらすじ]
昭和五十八年六月。
雛見沢村に北条沙都子を虐待していた叔父・鉄平が舞い戻る。

再び繰り返されようとする祟殺しの悲劇。
前原圭一たち部活メンバーは、沙都子を救うために雛見沢全体を巻き込み、児童相談所を動かし運命に抗い続ける。

奇跡を起こし、終わりのない昭和五十八年六月を乗り越えるために。
しかしその裏側では、すべての希望を打ち砕く巨大な陰謀が蠢きはじめていた。




以下、内容に触れています。




[感想]
熱い、熱すぎるぜ!!

まず、沙都子救出作戦から。
上巻でクラスメイトや友人を巻き込んで、児童相談所に陳情しにいくとこまではありましたが、ついに村を動かします。

元ダム誘致派の北条家の人間ということで、村が形成していた沙都子を敵視する空気。
雛見沢の古き慣習の一つ。
それを、新しい風・圭一が打ち壊す。
これまでのひぐらしにはなかった村が本当の意味で一致団結する奇跡。
児童相談所で圭一達に次々と村人や園崎家関係者の援護が入るのが熱すぎて泣ける。
大石が圭一らの味方なのも熱い。
マジで感動できました。

そして、オヤシロ様降臨、真相解明へ。
いやー綺麗な伏線回収ですね。
本当に読んできて良かった。
個人的に、最後の抵抗のところで梨花と沙都子の下に仲間達が駆けつけるとこが熱すぎて泣ける。
後はどうやって圭一たちが運命を切り開くかですね。
あと、3 冊。
終わるのは名残惜しいですが、非常に楽しみです。


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://eversline.blog74.fc2.com/tb.php/713-0a2ca51c

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編(下) (講談社BOX)(2008/10/01)竜騎士07商品詳細を見る[あらすじ]昭和五十八年六月。雛見沢村に北条沙都子を虐待していた叔父・鉄平が舞い戻る。再び...
[2012/07/03 17:05] まとめwoネタ速neo
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。