えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:歌月十夜 

kagetsutohya_09.jpg



[ソフトハウス]
TYPE-MOON (同人サークル)
typemoon_org_bn.jpg


TYPE-MOON (商業)
TYPE-MOON



[シナリオライター]
奈須きのこ



[絵師]
武内崇



[管理人から作品へ]
覚めない夢のようなお祭りの夜。
終わって欲しくない刹那の夏。



ただし難易度が高くて俺がヤバイ。




知得留先生、秋葉の笑顔が見たいです。

諦めたら、そこで歌月終了だよ。







以下、内容に触れています。






[シナリオ]
【Twilight Grass Moon, Fairy Tale Princess 黄昏草月】
メインシナリオ+おまけシナリオ。
繰り返す同じ 1 日の中で無数に存在する選択肢により物語を進めていくというもの。



繰り返しの謎を解明するシリアスなメインシナリオと、多数の枝分かれから派生するイフやコメディ、背景や設定の補完などのおまけ部分から構成されてます。



メインシナリオはおまけ部分の進み方には影響されず一本道。
枝分かれの選択をどのようにしても同じように展開し、最終結末は同じになります。
伏線回収等、ファンディスクとは思えないクオリティの高さ。



非常に楽しめました。



なぜ同じ 1 日を繰り返すのか。
なぜ明日が来ないのか。
なぜ昨日のことを思い出せないのか。
見たこともない謎の黒い少女。
夜毎に出現する己と同じ顔の殺人鬼。
死の具現のような紅の男。


この辺りがキーワードになってきます。




おまけ部分はイフ、コメディ、メタ発言、キャラ崩壊などなんでもありのお祭り状態。
笑いあり、友情あり、感動もありの月姫ファンなら喜ばしい展開ばかりでした。


単なるトンデモ展開で終始させず、しんみりした話や真面目な話も随所に挿入できる辺りライターの力量が良く分かる。


お気に入りはラーメン屋での有彦との会話、シエル先輩の演劇イベント、あきらちゃんを苛める秋葉。





非常に面白かったですが、難易度が高すぎるのが難点。
その時々の選択肢から主人公がどのような行動をとるのかを決定しますが、メインシナリオとおまけ部分が全く切り離されておらず同じ選択肢でも直前の行動で内容が変わったり、メインシナリオのフラグを回収してシナリオを進行させると見れなくなるシナリオが出てきたり、フラグの取得のセーブがオートで実施されるのでやりなおしが利かなかったり。。。


ウェブ上に攻略サイトさんがいくつかありますが、フローチャートのややこしさがマジぱないの。


メインシナリオをクリアするだけならあっさりできるのですが、読破しようと思うと非常に骨が折れます。
レンの好感度がたりないとラストの H シーンが見れませんが、やり直すには初めからしないといけなかったり。





【夢十夜】
Twilight Grass Moon, Fairy Tale Princess 黄昏草月を進めていく上で特定のフラグを回収すると順次開放されるショートシナリオ。
真面目なものから、ここまでやるかというドタバタも見れて満足。


1. がんばれ知得留先生
大人の権力マジパネェw
さっちんと秋葉の悲痛な叫びがリアルすぎて笑える。

ここまでやりますか的な知得留先生ですが、ラストはやっぱりいつものシエルでした。



2. 宵待閑話

秋葉グッド ED の後日談。
秋葉が浅上女学園に戻り、本編 ED 時に感じた志貴の生命を信じて待ち続ける話。

あと、秋葉が戦闘に関して素人ということを感じさせる一作。
しかし、やはりナイチチだから堅いのか!?



3. 朱い月
夢の中で出会う姫状態のアルク。
アルクの真相意識で行動原理。

設定資料ないと分からないよ、これ。



4. 赤い鬼神
志貴の実父である七夜黄理と軋間紅摩の因縁の話。
なるほど遠野との関わりはこうだったのか、と。

本編では薄味だった七夜一族の補完などもここで。



5. ななこちゃんSOS!
シエルの持つ第七聖典を拾った乾有彦と第七聖典の精霊セブン(ななこ)のドタバタコメディ。
と見せかけて、有彦の重い過去や志貴との出会いの話、セブンの由来などが説明されるわりとシリアスなシナリオ。

非常に真面目なシナリオながらラストの別れ方が 2 人を象徴していて良かった。



6. 妹切草
弟切草のパロディ。
ホラーと見せかけてどうしてこうなった。

秋歯の誤字を自虐ネタとして開き直るとは、まさかの展開。
ホラーなのに失笑が絶えない不思議。
秋葉の入浴立ち絵が見れるのはここだけ・・・ということにしておこう。



7. タナトスの花
エロエロ姉妹のお話。
さすが、原画家の後押しは強かったのか(マテ

本編でも H シーンあったのに歌月十夜でも H シーンあるのはヒスコハだけなんだぜ。



8. 翡翠ちゃん、反転衝動!
まずタイトルで一度吹くww
ドタバタ要素以上に翡翠 ED 後の設定を完璧に継承しているつくりの細かさに濡れた。



9. 遠野家のコン・ゲーム
一押し、超一押し。
オールスターの鬼ごっこ。
キャラ特性を活かしきった展開が非常に面白い。
夢十夜で一番面白い。

四季とネロ教授のネタっぷりも最強。

単なるドタバタかと思いきや、話の導入部分とラストでしっかりしんみりさせるあたりも非常に上手いと思いました。



10. 黎明
まさか志貴にネロの一部を融合させている設定を活かしてくるシナリオが寄稿されてくるとは。
やだ、なにこれ、怖い。

何を表しているか気づいたときには背筋凍りました。




【夏祭り】
エピローグ。
各メインヒロインと夏祭りへ GO !!!
非常に短いシナリオながら雰囲気が出ていて非常にしんみりできること請け合い。


秋葉の笑顔にボロ泣き。
勝手に設定する俺得トゥルーエンド。
秋葉は本編グッドエンドも切なくて良いけど、やっぱり妹には幸せになって欲しいんだぜ。




[その他]
10 年程前の作品であり、同人ゲームであることから演出、絵などのパンチが弱いことは否めませんが、月姫本編から比較すると相当頑張ったことが伺えたり。
ギャラリーには本編で使用された CG 意外にも寄贈イラスト、ゲストイラストもあったりとおまけ要素は盛り沢山。

あと、Contribution illustration にある Special Story の酔夢月が非常に感動できる件。
四季とさっちんの志貴への想いがせつなすぎて泣く。
起こってしまった悲劇。
避けられなかったイフ。
偶然の重なりから殺し合ったけれど、彼らはやっと救われたのかな、と。




[総合感想]
月姫ファンならおすすめ!!
FD とは思えないハイクオリティ!!



演出や絵が良いとは言えず、現在ではプレミアも付いていることから強く推奨はできませんが、月姫(型月)が好きであれば非常に楽しめるお祭りディスクではないかと思います。


メタ発言、キャラ崩壊も多数あり、そしてシリアス分、伝奇分もあり。
大好きな型月キャラ(メインヒロインだけでなく)達の様々な一面を見ることができ、非常に面白かったです。


その辺りはライターの力量と絵師の表現力を褒めるしかないでしょう。
こいつらはサブキャラでも魅力を引き出すから凄いと思う。


そして、なんと言っても遠野秋葉の後日談+夏祭り。
彼女が前向きに生きている。
笑っている。
これだけでプレイしてよかったと思っています。




さあ、そろそろ夏祭りに出かけましょうか?



コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。