えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

感想 レビュー:ひぐらしのなく頃に解 第四話~祭囃し編~(中) 

ひぐらしのなく頃に解 第四話~祭囃し編~(中) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に解 第四話~祭囃し編~(中) (講談社BOX)
(2008/12/09)
竜騎士07

商品詳細を見る


[あらすじ]
雛見沢村で無限に繰り返される『昭和五十八年六月』を乗り越えるため、膨大な数の刻の『カケラ』を紡ぎ続けるあなた。


しかし鷹野三四の悲しく壮絶な意志は、雛見沢の運命を惨劇へと誘い続ける。


そんな中、数百年の時を経て雛見沢の人々の前に現れる羽入。
そして、逞しく成長した赤坂衛の姿―。


すべての『カケラ』を紡ぎ合わせた部活メンバーの、最後にして最大の闘いがはじまる!!





以下、内容に触れています。





[感想]
いよいよクライマックスへと動き始めた感



北条家に関連する事件の真相

古手夫婦怪死事件の真実

レナの帰郷

鷹野三四の終末への決意

前原一家の引越し

赤坂のカケラ

羽生の転入

団結を深める子供達

初めて腹を割る入江、大石、富竹の大人男性陣




刻一刻と近づく惨劇。
そして、集まる全てのカケラ。




後は奇跡を起こすだけ。



今まで謎だった真相が次々と明らかになり、それらが共有され始める。
人を信じて、相談して、繋がって。

疑ったりしない。
諦めたりしない。

今まで単独のカケラだったものが、紡ぎ合わされていく。



どれほど熱い大団円が見れるのか!?


今は楽しみで仕方ないです。


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。