えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

2013/03/24 


人は弱いと知ったけど、哀しくはないよね


sinsemia_01.jpg


黄昏のシンセミア、攻略完了しました。
結構良かったです(こなみ)


さり気なく、かつ丁寧に描写される日常、心情が肝心なときにボディブローの様に効いてきましたね。意外なところでグッとくることが多かったです。想像すればするほど楽しめますね。

ルートではないヒロインの気持ちとか考え出すともうね。

あと、駄菓子一連の流れは本当に卑怯。

ただ、派手さはありません。相当分かりやすくなりましたが、単調に読み進めているだけでは、想像できなかったり、設定が上手くのみこめなかったりするかもしれませんね。ちなみに、みあそらよりは、かなり分かりやすいんですよ。

しかし、それでも綺麗にまとまった良いシナリオだったと思います。このライター特有というか、明言は避ける方向でしたが、十分考察できるだけ地盤は整えてられてましたし、キャラクターの行動や背景設定も高い割合でちゃんとした理由付けされてたと思います。

一部、世界観に関してはご都合主義的な展開もありますが、ジャンルが和風伝奇とはいえ、主題が『人の絆』を描いたものなので、そこは優先順位から流すのが妥当なところかと。

また、シナリオ以外の音楽、絵、演出などは全体的に、みあそらの時より遥かにレベルアップしていて楽しめました。

ディレクターをはじめ制作スタッフが同じなため、システム面、特にフローチャートとフラグメントを融合させたシステムの使いやすさも良いですね。再プレイ、復習には便利でした。


総合的に判断すると、萌ゲーアワード金賞受賞は頷ける出来というところでしょうか。コアなファンが付くという以上に、広く受け入れられる丁寧な作品といった印象がありますね。もちろん、設定は緻密ですし、前作までの印象があるので、ファンはファンでいそうですけど。

若干尺が長め(ルートも多い)で、中だるみするプレイヤーも居そうですが。

(簡易感想 了)



「あのバカ!」→走り出す
なんだろう、この恥ずかしくなってくる感覚は



ゲーム買っただけで満足してしまう癖を治したい
去年の末にゼロにしたはずの積みゲーが早くも 7 作に



使っていませんか? 上司に対する間違った敬語
ちゃんと出来て、営業適正があると思われるの嫌だから努力しない方向でいってる(オイ


【コメントレス】
コメント感謝ですヾ(≧∇≦*)ゝ

>>カーフさん
>らぶはぴはらぶすてと4コマだけで良かった説が出る予感
私からはノーコメントでw

>トシを取るとみんな冷静になれる
キョドりやすさとか全く変わってないんですけど汗

>生レバーで中毒になったり禁止になったりしたのでみんな注意
彼ら、毒耐性あるので大丈夫ですよ(ぇ

まずは感想ご苦労様ということで~

>「あのバカ!」→走り出す
夕日と砂浜は人をなぜ走らせるのだろう(ぁ

>ゲーム買っただけで満足してしまう癖
人は積みとの戦いに生きねばならないのですよ(ぁ
[ 2013/03/25 07:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。