えばーずらいん

時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-) | トラックバック(-) | スポンサー広告

【感想】 アジャストメント 

アジャストメント [DVD]アジャストメント [DVD]
(2011/09/16)
マット・デイモン、エミリー・ブラント 他

商品詳細を見る



[ひとこと]
魅力的な設定に乗ったラブロマンス
そして、どうしても粗が気になってしまう


[あらすじ]
フォーダム大学の元バスケットボール選手デヴィッドは、
饒舌な話術で有名なアメリカ合衆国議会の上院議員候補。

ダンサーのエリースと運命的な出会いを果たし、
2 人が結ばれることは時間の問題だったが、
翌日黒ずくめの謎の集団に拉致される。

彼らは「運命調整局」なる世界の時空と人の運命を自在に操作、調節して世の中の調和とバランスを監視する組織。だが、彼らの不手際から 2 人が再開してしまったために、事前に計画された本来の運命を狂ってしまった。

正しい運命を進行させるため 2 人を引き離そうと画策する調整局員。

そして、デヴィッドは自分の運命を取り戻して愛する彼女を守るため、
たった一人で調整局たちの陰謀の阻止に挑む。




以下、内容に触れています。




[感想]
一目ぼれした彼女と結ばれるため (ラブロマンス要素)、
調整局の妨害 (SF 要素) に対抗する、ある政治家の物語。


作品コンセプト、世界観、設定はかなり面白そう。

でも、それらに期待しすぎると、感情移入しにくい唐突な展開やラストのご都合主義に違和感がありすぎて、楽しめないと思う。

もしかすると、展開を受け入れて、ラブロマンスとして見ると、そこそこ楽しめるのかもしれません。


私は、SF サスペンスと銘打たれた今回の設定に興味があったため、『運命に翻弄される主人公達の苦悩が詳細に描かれるのではないか』ということ。マット・デイモン主演なので、『スリリングなアクションがあるのではないか』ということ。これら 2 つの予断を持ってしまったのがマズかったですね。



運命は自分の手で切り開くもの



作品としては、これを伝えたかったのではないかとは思うのですが、視聴者に共感させるには主人公の行動の数々は突発的だったり、葛藤がなかったり、調整局の人間には甘さがあったり。


軽い気持ちで、ラブロマンスとしてみる分には良いんですけど、
どうしても設定や宣伝文句がそうさせてくれない。

予告編見ると、もっと翻弄されてる感があると思いましたし、誰に翻弄されているかが主人公には分からない不安があると思いましたし、主人公には翻弄されている理由が確りあるような気がしましたもの。

ええ、つまるところ、勝手に何かのカタルシスが得られると思ったんでしょうね。私は。


何か複雑な状況の中での単純な恋愛映画と考えれば良いと思う。

苦境に抗い苦悩して結ばれるカップルとか、
苦悩の末折り合いをつけてしまう悲恋とかは期待しちゃだめなんでしょう。


設定に甘えたとか言っちゃ駄目なんだろうね。


コメントの投稿はこちらです













管理者にだけ表示を許可する
― Main Contents ―
― Information ―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。